ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

より良い運用のため無駄クリックをチェック!

【失敗事例から学ぶ】無駄クリックを放置

【失敗事例から学ぶ】無駄クリックを放置

Indeedは、全世界65ヶ国以上の国と地域で活用されている、世界最大の検索型求人サイトです。 月間プレビュー数は2億を超えると言われており、アメリカでは就職者の約3割がIndeedを経由して応募している、という調査結果が報告されています。 そんなIndeedですが、2012年にリクルート社が買収したことをきっかけに日本でも利用者が急増し、インターネットで求人を検索すると、必ずと言って良いほど検索上位にはIndeedが表示されています。 採用企業にとっては、活用するしか手がないと言っても過言ではないIndeedですが、その運用は単純明快で非常に容易であり、初期費用なしからスタートすることができ、非常に利用価値の高いツールとなっています。 求職者は検索ワードによって求人を検索しますので、採用企業は検索ワードの設定やクリック単価などを調節することによって求める候補者からの応募を募ることができ、運用にかかる一日の時間は約10分でありながら短期間で採用活動を行うことが可能です。 Indeedは期間ごとの利用料金が定められているわけではなく、クリックごとに費用が発生する仕組みになっていますので、上手に利用すればかなりの低予算で人材確保することができるでしょう。 そこで、気をつけたい無駄クリック対策についてお話しします。 無駄クリックを省き、しっかりと対策を立てて予算の無駄を省き、賢く採用活動を行っていきましょう。

Indeed運用の利点

Indeedには、無料で掲載できる無料枠と有料で掲載できる有料枠があります。

有料枠はスポンサー求人と言い、検索結果の1ページやページ上部というように、検索者の目に止まりやすい位置に掲載されます。

また職種ランキングや勤務地、検索ワードなどのデータを集計したり分析したりする必要がないことも、Indeedを利用する利点と言えます。

そういったことは、求人アナリティクス機能が行ってくれますので、項目ごとのクリック回数などは一目で分かりやすい状態で提示されるようになっています。

この機能を活用することによって、検索キーワードランキングの上位を占めているキーワードを自社の採用ページや求人原稿に自然な形でバランスよく盛り込めば検索されやすく、求職者への露出度が高まる可能性が大きくなります。

露出度を高める方法

また、求める人材のポジションが特殊であったり採用が難しいという事情のある募集であれば、人気の職種名をランキングで確認し、導線として別職種も募集していると掲載してみるのも露出度を高める一つの手だと言えるでしょう。

Indeedの活用には様々な手法がありますが、有料の利用はクリック課金型を利用しているため、上手に活用すれば無駄なく低予算で運用することができます。

どのような採用活動戦略で行くのかをしっかりと考え、戦略に沿った検索ワードの設定やクリック単価を設定するようにしましょう。

予算の上限は自由に設定できますので、無駄のないようにダラダラと利用するのではなく、戦略的な活用が短期間採用のカギとなります。

無駄クリックは運用効率を下げる

Indeedは無料でも利用できますが、クリック課金型の有料広告としても、求人情報を掲載することができます。

クリックされるたびに費用が発生しますので、多くの求人情報サイトで採用されているような掲載期間による費用が発生しません。

1週間や1ヶ月ごとの費用発生では、思ったように応募が集まらなければ無駄となってしまいますが、Indeedだと1クリックに対し平均して80~100円での費用で閲覧してもらうことになります。

求人が集まればいつでも自由に掲載を停止できますし、掲載媒体による予算での採用期間の制限を受けることがありませんので、非常に効率的に採用活動を行うことができます。

しかし、このような運用方法ですので、無駄クリックを放置していると求める人材の確保が思うように行っていないのに予算ばかり使ってしまう、ということにもなりかねません。

検索ワードの設定が悪いと、求めている人材からの閲覧は見込めませんし、関連性の低いワードを設定していると露出度も下がり、無駄に表示されるため求めていない人材から無駄にクリックされてしまうことになるでしょう。

無駄クリック対策を万全にしよう

無駄クリック対策を万全にしておかなければ、採用活動が上手くいかないのに予算ばかり使うことになります。

Indeedはウェブマーケティングの特徴を持っているので、活用は戦略的に行う必要があります。

そのため、Indeedの管理画面から「求人リンクの表示回数」「クリック率」「平均クリック単価」「求人閲覧数」「応募率」「応募単価」などをしっかりと分析し、毎日チェックしてクリック単価の調整や検索ワードの設定変更を行わなければなりません。

閲覧数に対して応募が少ない場合、検索ワードと募集している職種が直結していなかったり、時給が低い、魅力ある職場に感じられない、就業イメージができない、といった要因が考えられます。

そのような場合、求める人材がどういう人物であるか明確になっているか、自社の特徴が分かりやすいページになっているか、自社への共感を高めて応募してもらえるページ作りになっているかを、再検討してみましょう。

予算の上限は企業が自由に設定できるとは言え、無駄クリックの原因を考え、対策を打っておかなければ非常に効率の悪い運用となってしまいます。

Indeed活用において低予算で収める秘訣は、如何にして露出度を上げながら無駄クリックをなくすかが重要だと言えるでしょう。

予算の上限が設定できる

Indeedは、予算の上限を設定できるのが利点だと言えます。

掲載期間に関わらず、「ワンクリックいくら」で費用が発生するため、上手く運用すれば非常に効率的に採用活動を行うことができます。

求める人材が十分に確保できればいつでも自由に利用を停止することができますし、ウェブマーケティングの特徴を持ったウェブ上での採用活動において、Indeedは非常に優秀なツールと言えるでしょう。

しかし、ウェブマーケティングの特徴をしっかりと念頭に入れて戦略的に活用しなければ、閲覧数は高いのに思ったように求人が集まらない、求める人材の確保につながらない、ということが発生してしまいます。

このような事態を回避するためにも、検索ワードの選出をしっかり行う、設定を見直すといった、無駄クリック対策をしましょう。

関連性の低いワードや求める求人が明確にならない検索ワードの設定は、無駄クリックにつながります。

単価を見直すことも重要ですが、無駄クリック対策は予算内で求人を集めるためにも、必ず行うようにしましょう。