ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

インディードの使い方シリーズ

Indeedの有料広告の仕組みや課金方法について

Indeedの有料広告の仕組みや課金方法について

Indeedは無料で掲載できる無料広告と有料広告の2つがありますが、有料広告の料金が分からないと思っている方もいるかもしれません。今回は、Indeedの有料広告の仕組みや課金方法について詳しくお伝えします。

インディードの有料広告の特徴とは?

Indeedには無料掲載ができる無料広告と有料の有料広告の2つがあります。

Indeedの有料広告は検索画面の上位に表示されるなど、表示位置などに違いがあるのです。

リスティング広告との違い

Indeedの有料広告とリスティング広告と似ていると言われていますが、共通点と相違点について見てきましょう。

リスティング広告の共通点としては、課金方法が挙げられます。

Indeedもリスティング広告と同じ「クリック課金制度」となっており、クリックされた回数に応じて料金が発生する仕組みです。

リスティング広告の違いとしては、クリック平均単価がIndeedの方が安いことです。

GoogleやYahoo!のリスティング広告のクリック単価は700〜1800円前後となっていますが、Indeedは300円前後で運用されています。

リスティング広告と比べると10分の1ほどのコストで運用できるため、コスト削減にもつながります。

Indeedとリスティング広告は似ているように思えますが、上記のような違いがあることが特徴です。

関連エントリー
インディードの掲載料について

最近ではテレビCMでも目にする機会が多いIndeedですが、興味を持っている企業も増えています。 無料で掲載もできると話題になっており、新しい採用手法として注目が高まっています。 また、無料掲載から有料掲載に切り替え、ニーズに合わせて使い分けを行っている企業も少なくありません。 今回は、Indeed(インディード)の掲載料についてお伝えします。

インディードのクリック単価とは?

Indeedのクリック単価とは、1クリックに対する単価のことです。

Indeedでは1クリックあたりの単価を15〜999円の範囲で自由に設定することができます。

自由に設定できますが、あまりにも低い値段になると表示されにくくなるため注意が必要です。

クリック単価の入札設定の方法

Indeedのクリック単価の設定は、管理画面の求人ページから設定することができます。

クリック単価は、入札制になっているため、掲載件数が多くなればなるほどクリック単価も高くなります。

ただし、高い料金で設定すれば必ず上位に表示されるという保証はないので注意してください。

求職者への表示条件は、クリック単価だけではありません。

関連エントリー
インディードのクリック単価と課金制度について

最近ではテレビCMで話題になっているIndeed(インディード)ですが、興味を持っている企業も多いのではないでしょうか? Indeed(インディード)は無料で掲載できますが、効果アップを狙うために有料掲載に切り替える企業も多いです。 Indeed(インディード)の有料掲載はクリック課金制度と呼ばれるものとなっています。 今回は、Indeed(インディード)のクリック単価と課金制度についてお伝えします。


関連エントリー
インディードの支払い方法・時期を解説!

テレビCMでも見かけることが多い「Indeed」ですが、気になっているという企業も多いのではないでしょうか? Indeedは無料でも掲載できますが、有料掲載を行うことで検索結果の上位に表示させることができるメリットもあります。 中には無料掲載から有料掲載への移行も考えている担当者も多いのではないでしょうか? 今回は、Indeed(インディード)の支払い方法・時期についてお伝えします。

インディードの有料広告の課金方法

Indeedの有料広告を使用するときは、先ほどのクリック単価の設定を行うことで課金できます。

課金の予算は自由に設定できるため、予算に合わせて有料掲載が可能です。

Indeedでは有料掲載時に必要なクリック単価以外の費用はかからないため、比較的コストを抑えて採用活動ができることが特徴

ここでは、Indeedの有料広告の設定方法について見ていきましょう。

インディードの有料広告が表示される位置

Indeedの有料広告が表示される位置は、検索結果画面の上部と下部です。

これは、「ユーザーがクリックしやすい位置」であり、クリック単価が高いものから順番に上位に表示されると言われています。

有料広告と無料広告の見分け方としては、「スポンサー広告」と記載されているのが有料広告になります。

予算額を設定する手順

Indeedの管理画面では、予算額を設定することができます。

求人ページの有料掲載を設定する項目に「予算設定」の部分があるので、ここで予算の設定ができます。

求人広告予算の部分に、平均日額などから選択をして、求人の終了日を選ぶことで設定ができます。

自動調節と手動調節に関しては、次の項目でご説明します。

関連エントリー
インディードの掲載企業側の使い方

最近話題になっているIndeedですが、最近では導入し始めている企業も増えています。 無料で掲載できることもあり興味を持っている企業も多いですが、使い方が分からないと思っている担当者も多いのではないでしょうか? Indeedは自分で入力しなければならないため、管理画面の操作が必要になります。 今回は、Indeed(インディード)の掲載企業側の使い方についてお伝えします。


関連エントリー
Indeedの掲載期間と仕組みについて

最近はIndeedのCMを見かける機会も増え、気になっている企業も多いと思います。 Indeedは新しい採用手法として注目されており、導入し始めている企業も増えています。 求人サイトとは違って無料で掲載できる点も魅力に感じる部分ですよね。 今回は、Indeed(インディード)の掲載期間と仕組みについてお伝えします。

自動調節設定と手動設定の違い

予算の設定のページの上部に、自動調整設定と手動設定の2つのタブがあります。

これはクリック単価を自動で設定するか、手動で設定するかの違いです。

自動で設定する場合は、予算を入力することでIndeed側が勝手にクリック単価を調整してくれます。

手動の場合は、上限クリック単価と予算、そして終了日を入力すれば完了です。

クリック単価の平均が分からないときは、自動設定にして求人の様子を見ることも方法の一つです。

インディードの順位とクリック単価の考え方

ここまでIndeedのクリック単価についてお伝えしましたが、「高値で入札をすれば表示が上位になる」と思った方もいるでしょう。

しかし、Indeedでは、クリック単価を高い料金で設定したからと言って、必ずしもクリックが集まるとは限らないのです。

関連エントリー
インディードの入札金額とクリック課金制度について

Indeedには無料枠と有料枠の2種類の掲載方法があり、有料枠はクリック課金制度となっています。 クリック課金制度とは、広告がクリックされた回数に応じて料金が発生するものであり、Indeedではクリック単価の入札金額も自由に設定できます。 Indeedの有料広告の掲載は入札制となっているので、入札金額の設定が分からないと疑問に思っている人も多いと思います。 今回は、Indeedの入札金額とクリック課金制度についてお伝えします。

入札金額が高ければ順位が上がるわけではない

入札金額とクリック数の関係としては、いくら上位に表示されていても、自分の希望する職種や条件でなければクリックされないからです。

例えば、営業職を希望して探してる求職者に「ドライバー募集」の求人を表示しても「自分には関係ない」と思われてしまいます。

このように、いくら単価を上げたとしても、クリック数の上昇に必ず繋がるとは言えないのが現状です。

掲載順位のロジックについて

Indeedの掲載順位のロジックに関してですが、詳しいアルゴリズムなどは公開されていません。

クリック単価を上げれば表示が有利になるわけではないため、求人広告の中身を充実させるなども必要になるのです。

また、求職者に表示される検索結果は、ユーザーの検索傾向や位置情報などから決められているため、それぞれに合った情報が提示されるようになっています。

Indeedはリスティング広告のように、「表示順位が上にあればクリックされやすい」と定義されていないため、上位に来ないこともあります。

関連エントリー
インディードで上位表示させるためには?

採用が難しくなってきていると実感する企業は多く、新しい採用手法に興味を持っている担当者も多いのではないでしょうか? IndeedはテレビCMでも話題ですが、従来の採用手法とは違う新しい採用手法として注目を集めています。 Indeedを使って採用活動を行なっている企業も増えていますが、効果を得るためには上位に表示されることがポイントになってきます。 今回は、Indeed(インディード)で上位表示させるためのコツについてお伝えします。

まとめ

今回は、Indeedの有料広告の仕組みや課金方法について詳しくお伝えしました。

Indeedの有料広告はリスティング広告と異なり、クリック単価が安く運用しやすいことが挙げられます。

有料広告の課金に関しては、管理ページから行うことができるので、参考にしてみてください。