ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

Indeedを効果的に運用するために

Indeedからの応募を高めるwebサイトの作り方

Indeedからの応募を高めるwebサイトの作り方

最近では自社の採用サイトを使った採用活動に力を入れる企業も増えています。Indeedでは自社のサイトの採用ページを掲載することもできるため、効果的なwebサイト作りが求められます。今回はIndeedからの応募を高めるwebサイトの作り方を紹介します。

Indeedに求人を掲載する方法

Indeedに求人掲載をする方法として、直接投稿する方法自社の採用ページをクローリングしてもらう方法の2つがあります。

自社の採用ページを活用する方が写真などを掲載できるので、情報量をより多く求職者に伝えられます。

一方、直接投稿はフォーマットに沿って入力するだけなので、気軽に求人票を作成できます。

このように、それぞれメリットがあるので自社に合った方法を選びましょう。

直接投稿

直接投稿は、Indeed内のフォーマットに沿って入力していくことで簡単に求人票が作れます。

仕事内容や待遇、給与など必要な項目をテキストで入力していきます。

直接投稿の場合はテキストのみの対応となるため、画像などを挿入することはできません。

入力が完了したらIndeedの審査後に掲載が開始されるので、すぐに求人を出すことができます。

関連エントリー
インディードの登録方法の手順を解説!

世界 No.1 の求人検索エンジン「Indeed(インディード)」は、簡単な操作ですぐに使えると注目を浴びています。 新しい採用手法としてもIndeedを導入する企業は増えており、採用成功企業も続出。 アカウント登録が済むとすぐに使えるのですが、登録方法が分からない方も多いようです。 そこで、今回は、Indeed(インディード)の登録方法の手順についてお伝えします。

自社の採用ページを活用する

自社のホームページを持っている企業は多いですが、採用ページを作っているところは少ないかもしれません。

Indeedを活用することで、自社の採用ページを直接クローリングしてもらい掲載することができます。

自社の採用ページの場合は、ユーザーが「応募する」のボタンを押したときに採用ページへリンクする仕組みになっています。

Indeedから自社のサイトへ誘導できることから、採用コストを削減して採用活動ができると好評の声も多く聞かれます。

採用ページをIndeedにクローリングしてもらう条件

自社の採用ページをIndeedにクローリングしてもらうためには、いくつかの条件があります。

条件を満たさない場合は掲載できないことがあるため、確認しておきましょう。

詳しいクローリングの条件については、以下の記事で紹介しています。

関連エントリー
indeedにクローリングしてもらうための条件

最近話題になっているIndeedですが、無料で掲載できるとあり興味を持っている企業も多いです。 Indeedでは掲載方法として、自社の採用ページをクローリングさせる方法と直接フォーマットに入力する方法がありますが、クローリングしてもらうためには条件があります。 この条件を知らないとクローリングされないことにも繋がります。 今回は、Indeed(インディード)にクローリングしてもらうための条件についてお伝えします。

採用ページを制作するには?

自社の採用ページを制作しても、応募効果が得られなければ意味がありません。

Indeedに掲載して自社のwebサイトへの誘導を適切に行うためには、Indeedのルールに沿ったwebサイトの作成が必要になります。

求人票を作成するためのルールになりますが、求人票の基本的な考え方になるのでしっかり確認しておくことをオススメします。

Indeedのルールを確認しておく

Indeedに求人票を掲載するルールとして、以下の4点が挙げられます。

  1. 「1求人1ページ」が基本
  2. 仕事内容が異なる場合はページを分ける
  3. 勤務地が異なる場合はページを分ける
  4. 「仕事内容」「勤務地」以外でページを分けない

それぞれのルールについて詳しく見ていきましょう。

1.「1求人1ページ」が基本

Indeedの求人票は、1つの求人に対して1つのページで作成することがルールとなっています。

1求人の考え方は「仕事内容と勤務地」であり、同じ職種であっても勤務地が違う場合はページを分ける必要があります。

例えば、営業職の募集で東京と大阪の2つの拠点で掲載したい場合は、東京の求人票と大阪の求人票のそれぞれ1ページずつ準備しなければなりません。

2.仕事内容が異なる場合はページを分ける

企業の採用ページでよく見られるケースとして、1つの画面に複数の職種の募集要項が載っているものです。

営業職の募集要項の下に事務職…などのように、1ページに情報を詰め込むのはNGです。

仕事内容が異なる場合も、1と同様にページを分ける必要があります。

3.勤務地が異なる場合はページを分ける

これは1で説明した求人のルールと同様です。

4.「仕事内容」「勤務地」以外でページを分けない

Indeedの求人票の分け方は仕事内容と勤務地で、それ以外ではページ分けをしないことがルールとなっています。

例えば、事務職の募集で正社員とパートの2つの雇用形態で作成したい場合は、事務職の1つのページに2つの雇用形態を記載するイメージです。

雇用形態で分類する必要はありません。

効果的なwebサイトの作り方

採用ページの構成

効果的なwebサイトを作るためには、採用ページの構成が重要になります。

一般的な求人広告の構成を見ると、写真や画像が一番に目につくことが多いです。

写真→会社説明→仕事内容→求める人材→雇用形態→エントリフォームのような流れで作成すると、ユーザーに伝わりやすいと言われています。

仕事内容の書き方

仕事内容は求職者にイメージしてもらえるような書き方が必要になります。

「事務職」などのような書き方ではなく、「資料作成や来客対応など簡単な事務作業」のように具体的に書くことがポイントです。

できる限り詳細に記載することで、求職者に伝わるだけでなくミスマッチも防げます。

エントリーフォームの最適化

エントリーフォームとは、求職者が応募の際に使用する応募フォームのことですが、出来るだけ簡単なものにすることがオススメです。

企業によっては履歴書を書いているかのような項目を多く設けているところもありますが、入力項目が増えてしまうと求職者の負担に繋がり、応募率が低下する原因にもなります。

スマートフォンでも使いやすい、簡単な内容のものにすると良いでしょう。

写真や画像の効果的な使い方

写真や画像は求職者の目を引くものであり、なんでも良いわけではありません。

なんとなく撮った社内の雰囲気などではなく、ユーザーに最もメリットがある場面の情報を伝えるために活用します。

まとめ

今回は、Indeedからの応募を高めるwebサイトの作り方を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは直接投稿だけでなく、自社の採用ページを活用して採用活動を行うこともできます。

自社のwebサイトであれば画像や写真などが使えるため、よりユーザーに伝わりやすくなるメリットがあります。

効果的なwebサイトを作るためには、Indeedのルールに沿って作成することが大切です。