ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

自社のサイトとIndeedを活用した採用手法!

オウンドメディア・リクルーティングとは?

オウンドメディア・リクルーティングとは?

最近ではインターネットの普及により、webマーケティングを活用した採用手法が注目されています。従来のように求人媒体に頼らない採用方法として、Indeedの活用や自社の採用サイトであるオウンドメディアに力を入れている企業が増えています。今回は、オウンドメディア・リクルーティングについて紹介します。

オウンドメディア・リクルーティングとは?

オウンドメディアとは、自社が所有するメディアのことを指します。

自社のホームページやブログ、ツイッター、Facebookアカウントなどをオウンドメディアと呼んでいます。

インターネットの普及により自社のホームページを持つ企業が多くなり、ホームページを持たない企業の方が少ないかもしれません。

そんなオウンドメディアを活用して採用を行うことを「オウンドメディア・リクルーティング」といいます。

自社の採用サイトを活用した採用手法

オウンドメディア・リクルーティングとは、自社の採用サイトなどを用いたwebマーケティング採用を行う採用手法です。

オウンドメディアを活用して採用活動を行う場合は、検索エンジンの検索結果から自社の採用ページへ誘導する方法が主流となっています。

自社の採用サイトからの応募を集めるためには、サイトへの集客力が必要不可欠でした。

しかし、求人検索エンジンであるIndeedを活用することで自社の採用ページへの集客が可能になり、オウンドメディアリクルーティングの実現が可能になります。

オウンドメディア・リクルーティングのメリット

求人媒体よりも費用対効果が高い

求人広告の場合は、採用の有無に関わらず掲載料金がかかるなど、費用対効果の悪いものもあります。

オウンドメディア・リクルーティングの場合は、自社の採用サイトであるため掲載期間などの制限がなく、運用状況に合わせて内容の変更などが簡単にできます。

応募者の傾向などに合わせて掲載内容を変更していくなど、ターゲットに向けた情報発信が可能になり費用対効果も高めることができます。

改善しながら運用し続けられる

求人広告への掲載でもPDCAを回すことは可能ですが、オウンドメディア・リクルーティングに比べるとスピードは劣ります。

自社のサイトであれば修正・改善が簡単にできるので、素早くPDCAサイクルを回し、より早く良い結果にたどり着けるのです。

会社の雰囲気など多くの情報を発信できる

文字数や写真などのスペースに制限がないので、求人媒体と異なり上限を考えずに情報発信が可能になります。

レイアウトや写真の枚数などにも制約がなく、会社の雰囲気や伝えたい内容に沿った適切なページの構築が可能になり、訴求力を高めることもできます。

また、オリジナリティの高いコンテンツが作成でき、内容の自由度が高いこともメリットの一つです。

オウンドメディア・リクルーティングのデメリット

情報の更新など運用を続けることが必要

インターネットのような情報社会は、常に最新の情報が求められます。

一度採用ページを作成したから終わりではなく、オウンドメディアの更新を行い運用を続けることが求められます。

求職者は常に最新の情報を求めています。

ユーザーのニーズに合わせて更新や運用などを行う場合、かなりの手間がかかってしまいます。

サイトの制作などにコストがかかる

オウンドメディア・リクルーティングを行うためには、オウンドメディアの用意が必要です。

自社のサイトを持っている企業の中には、「採用ページがない」「ホームページが最適化できていない」などの問題を抱えているところもあります。

準備段階として、オウンドメディアを制作する為のコストなどがかかることもデメリットです。

運用のコストや人員が必要になる

オウンドメディアを運用し続けるためには、更新を行う人員など運用のコストもかかります。

Webマーケティングに慣れた人であれば問題ありませんが、慣れないスタッフが手探り状態で始める場合は、運用に時間がかかってしまうことも。

さらには、オウンドメディアを運用するための人員の採用が必要になることもあります。

オウンドメディア・リクルーティングはどうやって始める?

自社のサイトの制作

オウンドメディアを始めるためには、まず自社のサイトを準備することが必要になります。

自社のホームページを持っている企業は多いですが、持っていない場合はホームページ制作会社に依頼して作成してもらうことがオススメです。

ユーザーの多くはスマートフォン経由での応募になるため、自社のサイトを制作する場合は、スマートフォン向けに最適化したサイトを作ってもらうよう依頼しましょう。

採用ページの制作

自社のサイトが出来たら、サイト内に採用ページを制作します。

こちらもホームページ制作会社に依頼することで作成してもらえます。

採用ページを制作するときの注意点としては、「1ページにつき1求人」が基本です。

募集職種が多い場合、1つの採用ページに複数の職種を詰め込みがちですが、ユーザーの利便性を考え、1ページにつき1つの職種で制作することがオススメです。

また、拠点が複数あり、同じ職種であっても勤務地が異なる場合もページを分けて作成した方が良いでしょう。

雇用形態に関しては、同じページ内でまとめて表記しても構いません。

Indeedを活用したオウンドメディア・リクルーティングの方法

Indeedを使うことで自社の採用サイトへの集客が可能

Indeedでは、Indeedに直接投稿する場合と、自社の採用ページをクローリングさせる2つの方法があります。

自社のサイトをクローリングさせることで、検索結果に表示され、応募ボタンを押すと自社の採用ページにリンクする仕組みになっています。

Indeedの月間利用者数は2000万人以上とも言われており、Indeedを活用することで自社の採用ページへの集客が可能になります。

Indeedを活用するメリット

Indeedはオウンドメディア・リクルーティングに最適な環境といわれています。

Indeedを活用するメリットは、次の3つです。

  1. 低コストで採用活動が可能
  2. 自社の採用ページに誘導する事で応募者を集められる
  3. 職種やエリアなどに関係なく募集できる

Indeedは求人検索エンジンであり、求人の種類やエリアなどの制限がないため、あらゆる求人を募集することができます。

また、Indeedを活用することで自社の採用ページへの集客に繋がり、費用対効果も高く採用コストの削減が実現できます。

まとめ

今回は、オウンドメディア・リクルーティングについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

新しい採用手法としてオウンドメディア・リクルーティングを導入している企業も増えています。

Indeedを活用することで、オウンドメディアを効率よく運用することが可能です。