ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

Indeedなら0円から始められる

インディードに求人掲載する方法

インディードに求人掲載する方法

Indeedでは0円で求人掲載ができることもあり、求人掲載を行う企業も増えています。Indeedには採用効果を上げるための方法があるので、求人掲載に活用する事で効果を期待できます。今回は、インディードの求人掲載を活用するコツについて紹介します。

Indeed(インディード )とは?

Indeedとは、求人情報に特化した求人検索エンジンになります。

yahoo!やGoogleは総合型検索エンジンと呼ばれていますが、Indeedは求人情報を検索できるものになります。

ユーザー側の検索画面はキーワードと勤務地を入力するだけのシンプルな造り。

キーワードを入力する事で、インターネット上のあらゆる求人情報を検索する事ができます。

これからは求人を検索するのが普通になる

求人検索は求人媒体にアクセスして探す事が普通でした。

しかし、スマートフォンが普及した現在、1人1台は携帯電話を所有していると言われています。

インターネットで仕事探しや求人の応募が簡単にできる環境の中で、Indeedのような求人特化型検索エンジンはユーザーにとっても便利なものです。

これからは求人情報も検索をして探す事が普通になりつつあります。

Indeed(インディード )で求人掲載するために知っておきたい3つのポイント

①無料枠(オーガニック求人)と有料枠(スポンサー求人)の違い

Indeedで求人掲載を行う方法として、無料枠(オーガニック求人)と有料枠(スポンサー求人)の2つがあります。

無料枠はオーガニック求人と呼ばれ、コストがかからず0円で求人掲載が可能。

一方、有料枠は求人掲載に料金がかかるスポンサー求人となっています。

2つの掲載方法の大きな違いとしては、次の3つが挙げられます。

  • 費用がかかる
  • 表示順位
  • 掲載される保証

無料枠と有料枠では費用がかかるかの違いだけでなく、表示順位にも差があります。

スポンサー求人は検索結果の上位に表示されるため、検索でしか表示されない無料枠と比べると応募率が約5倍もアップするとの結果も出ています。

有料枠では必ず求人情報を掲載できる保証があるので、無料枠よりも安心して活用する事ができます。

関連エントリー
インディードの求人掲載枠、無料枠と有料枠の徹底比較

最近になり、若い世代から中高年にまで人気が広がっているのがIndeedです。 電車に乗っていてもテレビを見ていてもIndeedの広告を見かけることが多くなり、Indeedという文字を見ない日がなくなったと思いませんか? 利用するユーザーが増えている傾向があり、企業でも求人掲載に「Indeedを使ってみるのはどうだろうか」という議論がされることがあります。 Indeedは無料枠と有料枠に分かれていますが、利用する際にはどのような違いがあるのかを比較していこうと思います。

②Indeed広告の掲載方法

Indeedに求人広告を掲載するためには、Indeed内のページに直接投稿する方法や自社の採用ページをクローリングさせる方法があります。

Indeed内に直接投稿する方法であれば、入力後にすぐに掲載ができるので手軽に始める事ができます。

自社の採用ページをクローリングさせる方法は、Indeedの検索画面に表示された「応募する」ボタンを押すことによって該当の採用ページにリンクする仕組みとなっています。

それぞれの掲載方法にはメリット・デメリットがあるため、求人内容などに合わせて選ぶ事が必要になります。

③検索順位を決定する要素

Indeedはユーザーの動向に合わせた求人の検索結果が表示される仕組みとなっています。

次の3つが検索順位を決定する要素と言われています。

  • 検索キーワードと求人内容
  • ユーザーの検索履歴
  • 有料広告の場合は入札価格

Indeedはユーザーの検索キーワードからよりマッチした求人内容が表示されるだけでなく、ユーザーの検索履歴なども検索順位を決める要素となっています。

有料広告の場合は入札価格も検索順位に影響してくるため、クリック単価を調整しながら運用して行く事が必要になります。

目立つ広告枠への掲載方法

Indeedにはスポンサー求人である有料広告だけでなく、「注目の企業」と呼ばれるブロックがあります。

1ページに表示される「注目の企業は」1社のみであり、ページの最も目立つ部分に企業ロゴと求人広告を掲載する事ができます。

ページの目立つ部分に掲載されるため、応募効果を高める事が期待できます。

「注目の企業」に掲載される基準とは?

「注目の企業」に掲載するためには、いくつかの条件があります。

  • ①企業採用ページの作成
  • ②広告費の利用

Indeed内の企業採用ページは無料で作成する事ができ、会社ロゴや企業概要などを入力するだけです。

また、基準以上の広告費の利用などの条件がありますが、掲載している求人数や使用料金などによって異なります。

有料枠の他にもう一つ求人掲載ページが増える「注目の企業」ですが、基準を満たすことで必ず掲載されるわけではありません。

基準を満たすことで掲載される権利を得る事ができますが、掲載の確約がされたわけではないため注意が必要です。

Indeed(インディード )を活用するコツ

クローリングさせるindex型の場合

Indeedにクローリングをさせて求人情報を掲載する場合は、自社のサイトの適正化が必要になります。

Indeedを利用しているユーザーの多くはスマートフォン経由であるため、自社の採用ページもスマートフォンに最適化されている事が必要になります。

スマートフォン向けに最適化されていないことにより、ユーザーの離脱率の上昇にも繋がってしまいます。

Indeedを効率的に活用するためにも、自社の採用ページの精査を行う事が大切です。

関連エントリー
indeedにクローリングしてもらうための条件

最近話題になっているIndeedですが、無料で掲載できるとあり興味を持っている企業も多いです。 Indeedでは掲載方法として、自社の採用ページをクローリングさせる方法と直接フォーマットに入力する方法がありますが、クローリングしてもらうためには条件があります。 この条件を知らないとクローリングされないことにも繋がります。 今回は、Indeed(インディード)にクローリングしてもらうための条件についてお伝えします。

インディード内に直接投稿する場合

直接投稿する場合は、1つの求人情報につき1職種で掲載する事ができます。

自社の採用ページのように画像などは挿入できず、テキストのみとなるため、原稿内容の作成が重要なポイントとなります。

表示回数やクリック率などを見ながら求人内容を修正するなどの運用を続ける事が必要になります。

また、応募者が応募しやすいような応募フォームの設定なども重要なポイントになります。

関連エントリー
求人投稿のやり方

Indeedは日本でもユーザー数が多く、自分の会社の求人情報を載せたいと考えている方も、たくさんいるのではないでしょうか。 しかし、Indeedで求人掲載をするにはどうすれば良いのか、分からないという意見も少なくありません。 そこで、求人投稿のやり方について紹介していきたいと思います。

Indeedは求人募集以外にも活用できる

Indeedは求人検索に特化した求人検索エンジンですが、求人募集だけでなくいろいろな活用方法があります。

Indeedを使って企業PRができる

Indeedに求人情報を掲載することにより、企業PRや潜在層へのアピールにも繋がります。

Indeedの月間利用者は2000万人を超え、世界No.1の求人検索エンジンです。

日本でもユーザー数は増え続けており、多くの求職者が利用するサイトを活用する事でPR効果も得られると好評の声も多いです。

Indeedの運用は代理店に任せることもできる

Indeedは求人掲載が0円で気軽に始められますが、運用する事が必要になります。

自社で運用する事で費用を抑えられるメリットもありますが、手間と時間がかかってしまいます。

Indeedを効率的に運用するためには代理店に任せることも方法の一つです。

代理店に任せるメリット・デメリット

代理店に任せるメリットとしては、手間がかからず楽に運用できる事が挙げられます。

Indeedの活用に関してノウハウがあり、効率的に運用してくれるだけでなく、自社で運用する人件費などを考えると安く済む場合もあります。

一方、代理店に任せる事で運用費用が追加で必要になり、採用コストが高くなってしまう事です。

代理店にかかる費用などは企業によって異なるため、費用面だけでなくトータルで代理店選びを行う事が大切になります。

関連エントリー
自社運用と代理店運用

Indeedを実際に運用したいと考えた場合、次に考えるべきはIndeed広告を使用して効果を出すにはどのようにすべきかということです。 現在Indeedには自社運用、代理店運用の2通りがあります。 判断ポイントはとても難しいところではありますが、これはコスト面にも関わることです。 そのため自社運用、代理店運用に着目してそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

まとめ

今回は、インディードの求人掲載を活用するコツについて紹介しましたが、いかがったでしょうか?

Indeedは0円で求人掲載ができるだけでなく、ユーザーに合わせた検索結果を表示するなどの仕組みがあります。

採用コストを抑えて採用成功するためには、Indeedを上手く運用していく事が求められます。