ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

運用管理をスムーズにする!

インディードのキャンペーンの設定を解説!

インディードのキャンペーンの設定を解説!

Indeedを有料枠で運用する場合、キャンペーンの設定が必要になります。キャンペーンを適切に設定することでIndeedの運用管理をスムーズにすることができます。今回はインディードのキャンペーンの設定を解説します!

Indeedのキャンペーンとは?

キャンペーンとは掲載している求人をグループごとに分類するためのものです。

掲載している求人が1つや2つなど少数であればグループ分けの必要はありませんが、求人数が多くなるとキャンペーンを作成して分けることで効率的に運用することができます。

キャンペーンごとにクリック単価や出稿したい広告の調整ができるので、利便性が高くなります。

キャンペーンごとに色々な求人を分類する事でキーワード検索にヒットしやすく表示されやすいメリットもあります。

キャンペーンはどうやって分ける?

「キャンペーンを活用したいけど、どうやって分けるのが良いのか?」

キャンペーンを活用するにあたり、上記のような疑問を感じる人もいるのではないでしょうか?

キャンペーンの分け方には色々なパターンが考えられますが、一例をご紹介します。

職種別に分ける場合

職種別に分ける場合は、「営業職」「事務職」「エンジニア」などのように分類することができます。

特に採用に力を入れたい求人で分ける場合

求人募集を行なっている中でも「特に採用に力を入れたい求人」が出てくると思います。

キャンペーンで分類を行うことにより予算の設定や効果の分析などがスムーズに行えます。

キャンペーンの分け方に関しては、「これが正解!」と言われるものは存在しておらず、求人の条件などによって異なるため、まずは大まかな分類で運用してから細分化することがオススメです。

キャンペーンの設定方法

キャンペーンの設定は、Indeedの有料枠(スポンサー求人)を利用している時にできます。

無料枠(オーガニック求人)を利用する場合はキャンペーンの設定の必要はありません。

キャンペーンの設定

Indeedの管理画面から「広告キャンペーン」をクリックして、「スポンサー求人キャンペーンを追加」というリンクをクリックします。

キャンペーン設定画面では、以下の入力項目があります。

  • キーワード
  • 職種名
  • 会社名
  • 勤務地
  • キャンペーン名
  • トラッキングパラメーター

キャンペーン名は管理をする上でも分かりやすい名前をつけておく事がオススメです。

キャンペーンの適正なクリック単価は?

キャンペーンの設定の次は予算の設定に進みます。

予算管理の方法は次の2パータンになります。

  • 自動調整
  • クリック単価(CPC)入札

自動調整はあらかじめ設定した予算額に合わせて自動で調整してくれるものです。

クリック単価(CPC)入札は、手動でクリック単価を設定するものになります。

クリック単価は募集職種やエリアによって異なるため、実際に運用を始めてみないと分かりません。

キャンペーンを運用して結果を分析しながらクリック単価も調整する事が、効率的な運用に繋がります。

キャンペーンを分けた方が良いパターン

キャンペーン分けを行う事で最適化ができ、上位表示されるなど効果を上げる事が期待できるパターンがあります。

キャンペーンを分けた方が良いパターンは、次の通りです。

  • 特定の職種に応募が偏ってしまっている場合
  • 求人数が100件以上を超えている場合
  • 職種やエリアが混在している場合

職種やエリアが異なる求人が混在している場合は、キャンペーン分けを行う事で効率的に運用しやすくなります。

求人数が多く100件以上を超えている場合は、分類をして適正なクリック単価を設定する必要があります。

適正なクリック単価が設定できなければ、広告の露出が減ってしまうなど費用対効果が落ちてしまうことも考えられます。

キャンペーンを分けない方が良いパターン

逆にキャンペーンを分けない方が良いパターンも存在します。

  • 求人件数が少ない場合
  • 職種や地域関係なくトータルの応募数が必要な場合

キャンペーンは大まかな分類であれば運用の効率化にも繋がりますが、細分化してしまうと調整が難しくなる場合があります。

このように、キャンペーンは全てのパターンで活用する必要はなく、上手く利用していく事がポイントになります。

まとめ

今回は、Indeedのキャンペーンの設定について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

キャンペーンはIndeedを運用する上でも便利な機能であり、上手く活用する事で効率的に進める事ができます。

始めてキャンペーン設定をされる場合は、まず大まかな分類からスタートして、運用状況を見ながら細分化してく事がオススメです。

Indeedで効果を得るためには、日々の運用と分析、改善などがポイントになります。