ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

インディードならまとめて採用できる

インディードで正社員採用を行うコツ

インディードで正社員採用を行うコツ

テレビCMの影響もあり、知名度が上がっているIndeed(インディード)ですが、掲載したいと考えている企業も多いのではないでしょうか? Indeed(インディード)ではアルバイトやパート、正社員など様々な雇用形態で募集を行うことができます。 もちろん、難しいと言われている正社員の募集もIndeed(インディード)でできます。 今回は、Indeed(インディード)で正社員採用を行うコツについてお伝えします。

Indeed(インディード)とは?

Indeedとは、求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を検索できるシステムになっています。

Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報を検索できるので、一般的な求人サイトとは比べ物にならないくらい圧倒的な求人数が特徴となっています。

そして検索方法は、勤務地×職種という検索ボックスが設置されているシンプルなものであり、フリーワードでの検索も可能になっています。

ユーザーにとっても自由度が高いIndeedですが、掲載する企業にも自由度高く使いやすいシステムとなっています。

Indeed(インディード)の特徴

先ほどもお伝えしましたが、Indeedは求人検索型エンジンですが、様々な特徴があります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)の掲載プラン

Indeedでは無料で掲載できる無料枠と有料で掲載できる有料掲載枠の2種類があります。

無料枠では掲載に料金が発生せず無料で掲載が可能ですが、ユーザーのキーワード検索でしか表示されません。

そのため求人に埋れてしまうことも考えられるため、急募の時などは向いていないことが挙げられます。

一方、掲載料金が発生する有料枠ですが、料金はかかりますが検索結果ページの上位に表示されるので、アクセス数を集めやすいというメリットがあります。

ページの上位に表示されるのでユーザーの目に止まりやすく、ほかの求人に埋もれる心配が減ります。

Indeed(インディード)で正社員募集もできる

Indeedでは雇用形態に制限はないので、アルバイトやパート、正社員などの様々な雇用形態の募集に対応しています。

そのため、正社員の募集も行うことができるので、一般的な求人サイトにように雇用形態に合わせて媒体を変える必要もありません。

Indeedを見てみると営業職や事務職など、様々な職種で正社員募集を行っている企業も多いです。

Indeed(インディード)で出来る雇用形態

Indeedで募集できる雇用形態は下記の通りです。

  • 正社員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • インターン
  • 業務委託
  • ボランティア
  • 新卒
  • 請負
  • 嘱託社員

これらの雇用形態の募集ができるので、媒体の使い分けが不要であり手間もかかりません。

Indeed(インディード)で掲載する時の条件

Indeedでは様々な雇用形態に合わせて募集を行うことができますが、掲載するためには条件があります。

Indeedでは1職種1ページと定められており、1つの募集に対して1つのページの作成が必要になります。

また、雇用形態に関しては同じページ内で募集することができるので、ページを分ける必要はありません。

例えば、事務職であれば事務所のページ内で正社員とアルバイトの募集が可能ということです。

Indeed(インディード)の正社員採用のメリット

Indeedは様々な雇用形態で募集ができることが強みとなっていますが、Indeedで正社員募集を行うメリットを見ていきましょう。

  • 採用コストを削減することができる
  • 応募者の層が広がる
  • ダイレクトリクルーティングができる

Indeedで募集を行った場合、無料掲載で採用が出来れば採用コストを削減することができます。

有料掲載を行った場合であっても、予算内で掲載できるので採用コストに合わせて掲載ができます。

また、Indeedは母集団が大きく応募者の層が広がるため、よりターゲットに出会える確率が高くなります。

そして、ダイレクトリクルーティングができることもIndeedのメリットになります。

Indeed(インディード)の正社員採用のデメリット

一方、Indeedで正社員採用を行った時のデメリットについて見ていきましょう。

  • 無料掲載場合、急募の募集は難しい
  • 無料掲載では採用が難しい場合がある
  • 専門職種などは難しい

Indeedは無料掲載もできますが、ユーザーのオーガニック検索でしか表示されないため、急募の場合は難しいことがあります。

また、無料掲載となると求人数が多い職種、地域などでは採用が難しい場合もあります。

そして、専門職種などの募集では母集団が少ないことも多いので、専門職種を取り扱っている求人サイトで募集を行う方が良いこともあります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)で正社員採用を行うコツについてお伝えしましたが、いかがだってでしょうか?

Indeedではアルバイト・パートだけでなく、正社員の募集も可能であるため、雇用形態に合わせた媒体の使い分けは必要ありません。

しかし、正社員募集にもメリット・デメリットがあるため理解して掲載することが必要です。

Indeedを活用して正社員の採用を成功させた企業も増えています。