ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

クリック課金制度ってなに?

インディードのクリック単価と課金制度について

インディードのクリック単価と課金制度について

最近ではテレビCMで話題になっているIndeed(インディード)ですが、興味を持っている企業も多いのではないでしょうか? Indeed(インディード)は無料で掲載できますが、効果アップを狙うために有料掲載に切り替える企業も多いです。 Indeed(インディード)の有料掲載はクリック課金制度と呼ばれるものとなっています。 今回は、Indeed(インディード)のクリック単価と課金制度についてお伝えします。

Indeed(インディード)の仕組み

最近よく耳にするIndeedですが、新しい求人サイトと思っている担当者も多いのではないでしょうか?

Indeedは求人サイトではなく求人検索型エンジンであり、Yahoo!やGoogleと同様の検索エンジンの求人情報に特化したものになります。

Indeedはインターネット上に存在するあらゆる求人情報を検索することができるシステムです。

一般的な求人サイトでは、原稿を出稿して掲載期間が設けられていますが、Indeedは少し違います。

Indeedには無料枠と有料枠の2つのプランがあり、無料でも掲載が可能になります。

Indeed(インディード)の掲載プラン

Indeedでは無料で掲載できる無料枠と有料で掲載できる有料掲載枠の2種類があります。

無料枠では掲載に料金が発生せず無料で掲載が可能ですが、ユーザーのキーワード検索でしか表示されません。

そのため求人に埋れてしまうことも考えられるため、急募の時などは向いていないことが挙げられます。

一方、掲載料金が発生する有料枠ですが、料金はかかりますが検索結果ページの上位に表示されるので、アクセス数を集めやすいというメリットがあります。

ページの上位に表示されるのでユーザーの目に止まりやすく、ほかの求人に埋もれる心配が減ります。

Indeed(インディード)の特徴

Indeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)の有料掲載について

先ほどもお伝えしましたが、Indeedでは有料で掲載ができる有料掲載プランもあります。

有料掲載プランでは、検索結果の上位に表示されるためユーザーに目に触れやすく、アクセス数や応募数のアップが期待できるものです。

無料掲載では、ユーザーの検索キーワードによるオーガニック検索でしか表示されませんが、有料掲載ではトップに表示されることにより露出を高めることができます。

無料掲載から開始して、有料掲載に切り替えて掲載を行っている企業も少なくありません。

Indeed(インディード)はクリック課金制度

ndeedではクリック課金制度が採用されていますが、これは掲載している求人に対してユーザーがクリックした回数に応じて料金が発生します。

Indeedではクリック単価が掲載企業によって15〜999円の間で設定することができるだけでなく、予算を設定することができるので予算内で掲載することが可能です。

例えば、予算が10万円であれば10万円分のクリック回数が確保され、予算を使い切った時点で有料枠の掲載が終了となります。

Indeed(インディード)のクリック単価の料金と設定

先ほどもお伝えした通り、Indeedはクリック課金制度を導入しておりクリック単価を自由に設定することができます。

クリック単価は15〜999円の間で設定ができ、予算に合わせて自動調整も行うことができます。

自動調整の場合は、予算に合わせてIndeedが勝手に設定してくれるものです。

予算内で掲載することも可能なので採用目的と費用に合わせて採用活動を行うことができます。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)のクリック単価と課金制度についてお伝えしましたが、いかがだってでしょうか?

Indeedは無料で掲載することも出来るので、気軽に始められる媒体でもあります。

また、有料掲載であってもクリック単価を自由に設定し、予算内で掲載が可能なので目的に合わせて活用することもできます。

クリック単価は自由に設定することもできますが、自動調整機能を利用することで、Indeed側が最適な設定で掲載することができます。