ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

求人検索しやすいと評判!

インディードの求人検索の使い方を解説!

インディードの求人検索の使い方を解説!

最近知名度も高くなっているIndeedですが、どのようなものか気になるという企業も多いのではないでしょうか? Indeedは求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を検索できるサービスです。 また、無料で掲載できることもあり多くの採用担当者の注目を浴びています。 今回は、Indeed(インディード)の求人検索の使い方についてお伝えします。

Indeed(インディード)とは?

Indeedとは、求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を検索できるシステムになっています。

Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報を検索できるので、一般的な求人サイトとは比べ物にならないくらい圧倒的な求人数が特徴となっています。

そして検索方法は、勤務地×職種という検索ボックスが設置されているシンプルなものであり、フリーワードでの検索も可能になっています。

ユーザーにとっても自由度が高いIndeedですが、掲載する企業にも自由度高く使いやすいシステムとなっています。

Indeed(インディード)の特徴

先ほどもお伝えしましたが、Indeedは求人検索型エンジンですが、様々な特徴があります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)の求人掲載の方法

Indeedでは無料で掲載できる無料枠と有料で掲載できる有料掲載枠の2種類があります。

無料枠では掲載に料金が発生せず無料で掲載が可能ですが、ユーザーのキーワード検索でしか表示されません。

そのため求人に埋れてしまうことも考えられるため、急募の時などは向いていないことが挙げられます。

一方、掲載料金が発生する有料枠ですが、料金はかかりますが検索結果ページの上位に表示されるので、アクセス数を集めやすいというメリットがあります。

ページの上位に表示されるのでユーザーの目に止まりやすく、ほかの求人に埋もれる心配が減ります。

Indeed(インディード)を使うユーザーは増えている

テレビCMでIndeedのことを知ったという企業も多いと思いますが、実はIndeedは2009年から日本でサービス展開をしています。

それまでは知名度も低かったのですが、2012年にリクルートに買収され子会社となり、2017年から始まったCMで一気に知名度を上げました。

その影響もあり、Indeedを使うユーザーも右肩上がりの状態です。

月間ユーザーは1000万人以上

IndeedはテレビCMの影響もあり、月間ユーザーは1000万人以上と言われており、一般的な求人サイトとは比べ物にならないくら多くのユーザーが利用していると言われています。

Indeedは求職者の目線でサービスを提供することと一番に考えており、ユーザーが使いやすいシステムとなっていることも理由の一つです。

それではIndeedの使い方について見てきましょう。

Indeed(インディード)はどうやって使う?

Indeedは求人検索型エンジンであり、検索キーワードを入力することで求人を検索できます。

かなりシンプルな画面であり、直感的に使えることもIndeedの強みです。

Indeed(インディード)のトップ画面

検索エンジンで「Indeed」と検索すると上記のようなホーム画面が表示されます。

これがIndeedのホーム画面になります。

キーワード、勤務地の検索ボックスにキーワードを入力することで検索ができます。

Indeed(インディード)の求人検索結果画面

キーワードを入力して検索すると、上記のような求人検索画面が表示されます。

求人情報の下に「スポンサー」と書かれているのが、有料掲載枠になります。

Indeed(インディード)の応募方法

Indeedに応募する場合は、求人ページを開いて「応募ページへ進む」というボタンを押すことで応募に進むことができます。

有料掲載枠の場合は、掲載元である求人広告サイトや採用ページにリンクするので、リンク先で応募する形になります。

Indeed(インディード)を使うユーザーの多くはスマホ経由

Indeedはパソコンでもスマートフォンでも対応していますが、多くのユーザーはスマホ経由で応募をしていると言われています。

スマートフォンでIndeedを使う場合は、ブラウザを使ってIndeedを閲覧する方法やアプリを使う方法があります。

スマホはパソコンと比べると画面も小さくなるので、多少見え方が異なります。

スマホで求人画面を確認することが大切

Indeedは求職者にとって使いやすいサービスを提供することを一番に考えているため、自社の採用ページをスマホで確認し、見え方を知っておくことが大切になります。

また、自社のサイトへリンクしている場合は、スマートフォンに対して最適化されているかなどの確認も必要になります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)の求人検索の使い方についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは求人検索型エンジンであり、求職者はキーワード検索で流入してきます。

求人を掲載するだけでなく、検索画面からの求人情報の見え方などを把握しておくことが大切になります。