ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

応募を上げるにはアクセス数が重要!

インディードの検索順位はどうやって決まる?

インディードの検索順位はどうやって決まる?

最近話題になっているIndeedですが、無料で掲載できるということもあり気になっている企業も多いのではないでしょうか? Indeedは無料で掲載できるので採用コストを実現している企業も増えており、新しい採用手法として注目を浴びています。 そんなIndeedで採用を成功させるためには検索順位が重要になります。 今回は、Indeed(インディード)の検索順位についてお伝えします。

Indeed(インディード)は求人検索エンジン

Indeedは求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を検索することができるシステムです。

例えば、ハローワークに掲載されている求人情報などをクローリングして情報を収集しており、求人サイトと比べると圧倒的な求人数であることが強みになります。

また、Indeedは求人情報をクローリングするだけでなく、Indeed上で求人情報を掲載することもできます。

Indeedには有料枠と無料枠の2つのプランがあり、有料枠ではスポンサー枠として検索結果に上位表示させることもできます

Indeed(インディード)の強み

求人サイトとは違うIndeedの強みとして以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

Indeed(インディード)の仕組み

Indeedは求人検索型エンジンであり、ユーザーの検索キーワードに近いものが表示される仕組みになっています。

Indeed内の膨大な求人はキーワードによって検索結果が表示されるので、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンと同様の仕組みになっています。

検索結果の表示はユーザーによって違う

先ほどはユーザーの検索結果に近いキーワードのものが表示されるとお伝えしましたが、Indeedはユーザーによって表示方法を変えていると言われています。

具体的なアルゴリズムなどは非公開になっているため、Indeedの関係者ですら分からないと言われていますが、Indeedではキーワードだけでなく以下の情報を元に表示されています。

  • ユーザーの位置情報
  • 閲覧した求人の傾向
  • キーワード

これらの情報からユーザーだけのオリジナルの検索ができるのです。

Indeed(インディード)の効果を上げるためには?

Indeedで採用効果を高めるためには、多くのターゲットに求人情報を見てもらうことが必要になります。

閲覧数が増えれば応募数につながるため、閲覧数を増やすことが重要になります。

Indeed(インディード)で表示される検索順位を上げること

Indeedの応募効果を上げるためには閲覧数を増やすことが重要になりますが、どのように対策を取れば良いのか分からない担当者も多いと思います。

応募効果を狙うためには無料掲載ではなく、有料掲載で採用活動を行うことが前提になります。

有料掲載を行うことでスポンサー求人として、検索結果の上位に表示されるようになるためユーザーの目に触れる回数も多くなります。

有料掲載の場合はクリック単価の値段によって表示位置が変わりますが、クリック単価を上げれば上位に表示されるわけではありません。

Indeedのスポンサー求人の中で上位表示を狙うためには、求人内容も重要になります。

Indeedは求人検索型エンジンであるため、検索キーワードが重要になります。

ユーザーが検索しやすいキーワードを求人情報内に盛り込むことによって、ユーザーに合った内容であると検索エンジンが判断し、より表示されやすくなると言われています。

クリック単価と求人情報の内容が重要視されるので、しっかり原稿を作り込むことが必要になります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)の検索順位についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは求人検索型エンジンであり、ユーザーの検索キーワードによって表示される求人が変わります

また、検索結果も求人内容やクリック単価によって表示順位が異なるため、しっかり対策をとって原稿作成を行う必要があります。

Indeedで効果を上げるためには、求職者の目線に立って求人内容の作成などが求められます。