ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

求人広告サイトと何が違う?

インディード広告の仕組みと違いについて

インディード広告の仕組みと違いについて

テレビCMで「Indeedは無料で掲載できる」とアピールされているのを聞いて気になっている企業も多いのではないでしょうか? 「無料で掲載できるなら今まで求人広告サイトに支払っていた経費が削減できる」と考えている担当者もいるかもしれません。 Indeedは新しい採用手法として注目を浴びていますが、目的に合わせて選択することが大切になります。 今回は、Indeed(インディード)広告の仕組みと違いについてお伝えします。

Indeed(インディード)とは?

最近テレビCMでも見かける機会が多いIndeedですが、求人サイトではなく求人検索型エンジンになります。

一般的な求人サイトとは違い、Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を検索することができます。

Yahoo!やGoogleなどと同様の検索エンジンですが、Indeedは求人情報に特化したものになります。

例えば、ハローワークに掲載されている求人情報などをクローリングして情報を収集しており、求人サイトと比べると圧倒的な求人数であることが強みになります。

また、Indeedは求人情報をクローリングするだけでなく、Indeed上で求人情報を掲載することもできます。

Indeedには有料枠と無料枠の2つのプランがあり、有料枠ではスポンサー枠として検索結果に上位表示させることもできます

Indeed(インディード)の特徴

先ほどもお伝えしましたが、Indeedは求人検索型エンジンですが、様々な特徴があります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)の掲載方法

Indeedには無料で掲載できる無料掲載と有料で掲載できる有料掲載の2種類があります。

有料掲載の場合は、クリック回数に応じて料金が発生するクリック課金制度となっています。

掲載方法には自社のページを直接Indeedにクローリングさせる方法Indeedのフォーマットに直接入力する方法があります。

Indeed(インディード)と求人広告の違い

Indeedは求人情報を扱っていますが、一般的な求人サイトではなく求人検索型エンジンになるので求人サイトとは違います。

Indeedと求人サイトそれぞれにメリット・デメリットがあるので見ていきましょう。

求人広告サイトのメリット・デメリット

一般的な求人サイトのメリットとしては、ある職種に特化した求人サイトであれば専門職などの人材をピンポイントに狙うことができます

また、広告代理店が原稿作成からフォロー、サポートまでを行ってくれるので手間が省けることが挙げられます。

一方、デメリットとしては掲載費用がかかることであり、成功報酬型の求人サイトでは採用時に高額な費用がかかります。

そして、原稿作成などの打ち合わせが必要になるため掲載までに時間がかかることもデメリットとしてあげられます。

Indeed(インディード)メリット・デメリット

Indeedのメリットとしては、無料で掲載ができるのでコストの削減ができることです。

また、Indeedは圧倒的な求人数でありSEOにも強いことも挙げられます。

デメリットとしては、無料掲載の場合はユーザーの検索結果によってしか表示されないので効果が期待できないこともあります。

そして、Indeedのフォーマットに入力して掲載する場合は、自分で入力が必要になるので手間がかかることです。

Indeed(インディード)と求人広告サイトの違い

Indeedと求人広告サイトは同じように思えますが、全く違うものです。

Indeedと求人広告サイトの違いは以下のようなものが挙げられます。

  • 掲載料金体系の違い
  • 掲載期間の違い
  • 手間の大きさの違い

Indeedではクリック課金制度という料金体系になっていますが、求人広告サイトは掲載料金になります。

また、求人サイトでは掲載期間が決まっていますが、Indeedの無料掲載では明確な掲載期間は設けられていません。

そして、求人広告サイトでは原稿作成などは代理店などが行ってくれますが、Indeedは自分で入力する必要があるため掲載するまでの手間が大きいです。

このように求人サイトとIndeedは違いがあります。

Indeed(インディード)はこんな時に使える

Indeedも求人広告もメリット・デメリットがありますが、Indeedは以下のような場合に使えるでしょう。

  • すぐに求人掲載したい場合
  • 採用をロングスパンで考えている
  • 採用コストを削減したい
  • 地方での採用を考えている

このような場合は、Indeedを活用することで採用成功が期待できます。

Indeedはアカウント登録後にすぐ掲載ができるので、料金をかけずにすぐに掲載したい場合などにオススメです。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)広告の仕組みと違いについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を網羅しているので圧倒的な求人数が強みです。

また、求人サイトにもメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて上手くIndeedと使い分けすることが大切になります。