ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

忙しくてもインディードを運用できる!

インディードの運用代行ってどうなの?

インディードの運用代行ってどうなの?

テレビCMで目にする機会も多い「Indeed」ですが、気になっている企業も多いと思います。 Indeedは無料で掲載も可能であり自由度が高いサービスですが、採用成功させるためには運用などのノウハウも必要になってきます。 中小企業やベンチャー企業などではIndeedの運用まで手が回らないというところも多いですよね。 今回は、Indeed(インディード)の運用代行についてお伝えします。

Indeed(インディード)ってなに?

Indeedは求人検索型エンジンであり、新しい採用手法として話題になっています。

一般的な求人サイトとは違って、インターネット上のあらゆる求人情報をクローリングしているので、様々な求人から自分の希望条件に近いものを探せるメリットがあります。

また、Indeedは職種などの希望条件と勤務地のキーワードで検索を行うため、ターゲットを見つけやすく、採用成功を実感している企業も増えています。

Indeed(インディード)の特徴

先ほどもお伝えしましたが、Indeedは求人検索型エンジンですが、様々な特徴があります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)は無料掲載もできる

テレビCMでも「無料で掲載ができる」とアピールしているので、興味を持った企業も多いと思います。

Indeedでは一般的な求人サイトとは違って、無料でも掲載が可能です。

無料掲載の場合は、ユーザーの検索キーワードの条件に合わせて表示されるため、ユーザーに検索されない限り表示されませんが、料金はかからないのでリーズナブルに利用できます。

Indeed(インディード)は掲載するだけではダメ?

Indeedは無料で掲載ができるので興味がある企業も多いと思いますが、無料であれば一度掲載して放置しても応募が来るのでは?と思っている担当者もいるかもしれません。

Indeedは無料で掲載も可能ですが、掲載するだけでは採用成功率をあげることはできません。

採用成功の確率を上げるためには、掲載して運用していくことが必要になります。

Indeed(インディード)は運用することが大切

Indeedは求職者であるユーザーの使いやすさを一番に考えてサービスを提供しています。

そのため、求人情報を掲載するにあたってガイドラインや条件が定められており、満たされない場合は掲載されないこともあります。

そのため常に新しい情報をユーザーに提供することも必要になります。

また、応募者を増やすためには掲載内容の見直しなども行うことが大切になります。

Indeed(インディード)の運用の必要性

Indeedの運用の必要性としては、例えば、応募者がターゲットの条件に合わない人である場合は募集要項の内容に問題があることが分かります。

Indeedを使って効率的に採用活動を行うためには、応募してくるターゲット層と求人内容の見直しなどを行いながら掲載することが必要になります。

また、有料掲載であってもクリック単価によって掲載順位が変わって来るため、応募を増やすためにクリック単価の見直しや調整なども必要です。

Indeedに掲載して応募効果を高めるためには、掲載後の運用が重要になります。

Indeed(インディード)を運用代行するメリット

Indeedを運用するにあたって、運用を代行してくれる代理店に委託する方法もあります。

Indeedを運用代行するメリットを見ていきましょう。

専門知識とノウハウを使って運用してもらえる

Indeedの代行を行なっている代理店では、専門知識とノウハウを持っているので、より効果的に運用してもらえることが挙げられます。

様々な企業の運用に関わっているので、企業に関する成功事例なども教えてもらえることもメリットです。

手間がかからない

代理店に運用を任せることで、自社で運用する手間がかからないため忙しくても効率的にIndeedを運用することができます。

人手不足で採用担当者が運用できない場合であっても安心して任せることができます。

サポートしてもらえる

Indeedの代理店に運用をお願いすることで、Indeedの使い方などを全面的にサポートしてもらうことができます。

パソコン操作に不慣れな人でも、すぐにサポートが受けられるのでIndeed初心者でも安心して操作することができます。

Indeed(インディード)を運用代行するデメリット

一方では、代理店に運用を任せることでこんなデメリットも挙げられます。

費用がかかる

Indeedの運用を代理店に任せる場合は、運用代行の費用がかかります。

運用手数料は代行会社によって様々ですが、だいたい数十万円ほどの費用がかかります。

Indeedは無料でも掲載ができリーズナブルに掲載できますが、運用費用がかかってしまうので、採用コストが削減できないことも挙げられます。

有料掲載のみの対応となる

代理店に運用を任せる場合は、Indeedの有料掲載のみ対応となります。

Indeedでは無料で掲載できますが、採用効果を上げるためには有料掲載が効果的であり、予算に応じて掲載できることもメリットの一つです。

代理店の多くは、掲載する予算に応じて運用手数料が異なるところが多いので、事前に調べて決めることが必要になります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)の運用代行についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは無料で掲載できるので、採用コストを削減しながら採用活動ができると話題になっています。

しかし、採用成功確率を上げるためには、掲載するだけでなく運用することが必要になるので、手間もかかります。

Indeedの運用を代理店に任せることで効率的に、そして効果的に運用ができるので、Indeedを初めて利用する企業にとっても心強い存在です。