ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

採用ページがあっても使えない!

インディードで採用ページが使えない理由と対処法

インディードで採用ページが使えない理由と対処法

テレビCMで見かける機会も多いIndeedですが、無料で掲載できることもあり興味を持っている企業も多いのではないでしょうか? Indeedは無料で掲載できるだけでなく、自社の採用ページを掲載することもできるので使い勝手も良いと話題になっています。 しかし、すべての採用ページをクローリングできるわけではなく条件を満たしていることが必要になります。 今回は、Indeed(インディード)で採用ページが使えない理由と対処法についてお伝えします。

Indeed(インディード)とは?

てれびCMでも話題になっているIndeedですが、求人を掲載できることは知っているけど実際はどのようなシステムなのか分からないという企業も多いと思います。

Indeedは求人サイトではなく求人検索型エンジンと呼ばれるものです。

Indeedではあらゆる求人情報を扱っており、ユーザーの検索結果によって表示される仕組みになっています。

Indeed(インディード)は求人検索型エンジン

先ほどもお伝えしましたが、Indeedは求人検索型エンジンでありインターネット上のあらゆる求人情報を網羅しています。

ユーザーが職種や条件なおどの希望するキーワードと勤務地を検索ボックスに入力することで、条件に近い求人情報を表示するものです。

求人サイトであれば、掲載されている求人しか検索することができませんが、Indeedはインターネット上の求人情報を検索できます。

求人サイトと比べると圧倒的な求人数であることもIndeedの強みとなっています。

Indeed(インディード)は無料で掲載できる

テレビCMでもアピールしているように、Indeedは無料でも掲載ができます

Indeedには無料枠と有料枠の2つのプランがあり、無料掲載の場合は掲載料金が発生しません。

有料枠の場合は、クリック回数に応じて料金がかかるクリック課金制度となっています。

有料掲載のメリットとして検索結果の上位に表示されるので、ニーズに合わせて使い分けを行っている企業も多いです。

Indeed(インディード)に掲載する方法

Indeedはインターネット上のあらゆる求人情報を取り扱っていますが、Indeedに求人情報を掲載することもできます。

Indeedに求人情報を掲載する方法としては、自社の採用ページを利用する方法とIndeedに直接入力する方法があります。

自社の採用ページをクローリングさせる

自社のホームページを持っている場合は、採用ページをクローリングさせることでIndeedに掲載が可能です。

採用ページをクローリングさせることで、Indeedから直接自社サイトへの導線ができるので効率的に採用活動ができることが特徴です。

Indeed(インディード)のフォーマットに入力する

自社のホームページを持っていない場合であっても、Indeedのフォーマットに入力することで求人情報を掲載することができます。

Indeedには入力するだけで募集要項ができるフォーマットが準備されているので、自社のホームページや採用ページを持っていない場合でも掲載できる点も強みです。

Indeedのフォーマットを使用して掲載する場合も、無料掲載の場合は料金は発生しません。

Indeed(インディード)で採用ページが使えない理由

Indeedの活用を考えている企業の中には、自社のホームページを持っており採用ページがあるのにクローリングされず使えないと悩んでいる企業もあると思います。

自社の採用ページがあるにも関わらず、Indeedで使えない場合があります。

Indeedで自社の採用ページが使えない理由としては、クローリングの条件を満たしていないことが挙げられます。

クローリングの条件を満たしていない

Indeedで自社のホームページの採用ページをクローリングさせる時は、クローリングさせるための条件が設けられています。

クローリングのための条件が満たされていない場合は、Indeed内に掲載ができません。

クローリングの条件は以下になります。

  • 求人情報はHTML形式でありPDFなどのファイルはNG
  • 求人情報に応募ボタンなどが含まれていること
  • 仕事内容や職種、勤務地の情報が完全に記載されていること
  • 1職種1勤務地のルールに従い各求人ごとに異なるURLが設定されている
  • 仕事内容の詳細を見るときにユーザー登録などはNG
  • 求人は無料で応募できるものでありユーザーに課金がないこと

そして、新たに以下の2つの条件も追加されています。

  • 求人掲載件数が5件以下
  • 掲載期間が3ヶ月未満、月の広告費が10万円未満

求人数が1つや2つの場合は、クローリングの条件を満たしていないのでIndeedに掲載されません。

採用ページが使えない場合は直接入力する

Indeedのクローリングの条件を満たしておらず、自社の採用ページでの掲載ができない場合は、直接に入力する方法があります。

Indeedでは募集要項のフォーマットが準備されているので、入力するだけで作成ができます。

フォーマットの入力項目

Indeedのフォーマットの入力項目は以下の通りです。

  • 会社名
  • 従業員数
  • 応募設定(メールor直接応募)
  • 雇用形態
  • 給与
  • 仕事内容(テキスト)
  • 求める人材(テキスト)
  • 勤務時間・曜日(テキスト)
  • 交通アクセス(テキスト)
  • 待遇・福利厚生(テキスト)
  • その他(テキスト)

これらをフォーマット通りに入力することで、Indeed内に採用ページを作成することができます。

Indeedのフォーマットには応募ボタンなども全て設置されているので、求人内容を入力することですぐに掲載ができます。

フォーマットを使うことがオススメの企業

Indeedでは自社の採用ページやフォーマットを使って求人を掲載することができますが、フォーマットを使う必要がある企業もあります。

  • 自社の採用ページの求人数が5個以下
  • 自社のホームページを持っていない
  • 自社の採用ページにコストをかけられない
  • すぐに掲載したい
  • 採用コストを削減したい

このような企業はIndeedのフォーマットを使って求人掲載することがオススメです。
 

まとめ

今回は、Indeed(インディード)で採用ページが使えない理由と対処法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedでは自社の採用ページやフォーマットを使って求人情報を掲載することができますが、自社のページを持っていてもクローリングされないこともあります。

掲載前にクローリングの条件を確認して、満たしている上でクローリングさせることが必要になります。