ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

採用コストを削減できると話題!

インディードを使った採用活動の費用は?

インディードを使った採用活動の費用は?

最近話題になっているIndeed(インディード)ですが、採用活動に導入し始めている企業も増えています。 Indeed(インディード)は無料で掲載することもできますが、有料掲載でもリーズナブルに掲載できると注目を浴びています。 採用担当者の中には、Indeed(インディード)を使った採用活動の費用について気になっている人も多いのではないでしょうか? 今回は、Indeed(インディード)を使った採用活動の費用についてお伝えします。

Indeed(インディード)はどんな媒体?

最近テレビCMでも話題になっているIndeedですが、一般的な求人サイトとは違うことで注目を集めています。

Indeedは求人サイトではなく、求人に特化した求人検索型エンジンであり、インターネット上のあらゆる求人情報を検索することができるものです。

また、無料で掲載することも可能であり、採用コストを削減して採用活動ができることで多くの企業から人気を集めています。

Indeedは求人検索型エンジンですが、その特徴と活用するメリットについて見ていきましょう。

Indeed(インディード)の特徴

Indeedは先ほどもお伝えした通り、求人検索型エンジンになります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeed(インディード)を活用するメリット

Indeedは新しい採用手法として注目が高まっていますが、 Indeedを活用することで企業側にもメリットがあります。

企業側がIndeedを活用するメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 採用コストを削減できる
  • 効率的に採用活動ができる
  • 募集によって媒体の使い分けが不要になる

Indeedの求人掲載には無料枠と有料枠があり、有料枠であっても予算を設定することができるため予算内で掲載することが可能です。

このため、求人サイトに掲載した場合と比べると1人当たりの採用コストを約1/3削減できたという企業も多いです。

また、Indeedは求人サイトと違ってすぐに掲載がスタートできるので、効率的に採用活動を進めることができます

Indeedでは職種が同じであれば同一ページで異なる雇用形態での募集も掲載できるので、媒体による使い分けも不要になります。

Indeed(インディード)で発生する費用

Indeedでは無料で掲載も可能ですが、有料で掲載する方法もあります。

有料で掲載する場合は掲載費用がかかります

Indeed(インディード)の費用について

Indeedでは有料枠で求人掲載する場合は、掲載費用がかかります。

一般的な求人サイトでは広告枠の販売になり、掲載料金を支払って掲載期間中に掲載されるという流れになります。

一方、Indeedでは、クリック回数に応じたクリック課金制度を採用しており、予算がなくなった時点で有料枠での掲載が終了するというものです。

クリック課金制度とは?

Indeedではクリック課金制度が採用されていますが、これは掲載している求人に対してユーザーがクリックした回数に応じて料金が発生します。

Indeedではクリック単価が掲載企業によって15〜999円の間で設定することができるだけでなく、予算を設定することができるので予算内で掲載することが可能です。

例えば、予算が10万円であれば10万円分のクリック回数が確保され、予算を使い切った時点で有料枠の掲載が終了となります。

Indeed(インディード)を運用した時の費用

Indeedで効果を得るためには、ただ掲載するだけでなく運用していくことが必要になります。

Indeedを運用した時の費用について見ていきましょう。

自社で運用した場合

自社で求人情報を入力し、情報の更新や見直しなどを行った場合は、無料掲載であればIndeedでの料金は発生しません。

有料掲載を行なった場合は、Indeedの有料掲載でかかった料金が費用になります。

そして、Indeedの運用に関わる人材の人件費なども必要になります。

自社での運用はコスト面でメリットがありますが、人手不足などの場合は運用まで手が回らないことも考えられ、効率的に運用できない可能性もデメリットとして挙げられます。

代理店に運用を委託した場合

Indeedを運用する方法として、自社で行う場合と代理店に委託する方法があります。

代理店に運営を委託した場合は、代理店にもよりますが最低10万円以上となることが多いです。

費用はかかりますが、面倒な求人情報の入力や上位表示のテクニックなど効率的に運用ができるのでメリットも大きいです。

そしてIndeedを有料掲載した場合は、委託費用+掲載費用がかかります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)を使った採用活動の費用についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedはクリック課金制度という方法で料金がかかるので一般的な求人サイトとは仕組みが異なります

また、決められた予算内で有料掲載も可能なのでリーズナブルに掲載することができると話題です。

そして、Indeedの運用を代理店に任せることで費用はかかりますが、効率的に採用活動を進めることができます。