ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

インディードから応募が来ないのはなぜ?

インディードで効果アップを狙うために知っておきたいポイント

インディードで効果アップを狙うために知っておきたいポイント

積極的に採用活動を行なっている企業は多いですが、中には求人を出しても応募が来ないと悩んでいる企業もあるのではないでしょうか? 求人広告は応募者が来なければ採用に繋がらないため、応募者の数がポイントになります。 求職者が集まる求人サイトに掲載して応募が来ないのは、応募に繋がらない原因があることが考えられます。 今回は、Indeedで効果アップを狙うために知っておきたいポイントについてお伝えします。

Indeedの特徴とは?

最近ではテレビCMでよく見かける「Indeed」ですが、気になっている人も多いのではないでしょうか?

Indeedは求人サイトではなく、求人検索型エンジンと呼ばれるものになります。

求人検索型エンジンとは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンと同様のものであり、Indeedは求人情報に特化した検索エンジンです。

Indeedと一般的な求人サイトと違いが分からないと思っている人もいると思いますので、求人サイトと Indeedの違いについて見ていきましょう。

求人サイトと Indeedの違い

求人サイトと Indeedはどちらも求人情報を扱うという共通点があります。

しかし、求人サイトと Indeedのシステムは根本から異なります。

一般的な求人サイトは、掲載するための広告枠を購入し求人情報を掲載して応募者を募ります。

求人サイトでは掲載期限が設けられており、応募者は掲載されている求人サイトからしか応募ができません

料金は、広告枠の購入になるため応募者がきても来なくても料金は変わりません。

一方、 Indeedは求人検索型エンジンであり無料で求人情報を掲載することも可能です。

有料枠もありますが、これはクリック課金制度でありクリック回数に応じて料金が発生する仕組みになっています。

Indeedには無料掲載に関しては求人広告のような明確な掲載期限はありませんが、有料広告枠は料金設定によって有料枠への掲載期間が異なります。

このように求人サイトと Indeedにはシステムの違いがあります。

Indeedから応募が来ない理由

試しにIndeedに掲載してみたけど応募が来ないと悩む企業もあるのではないでしょうか?

Indeedはユーザーも多いので、応募が来やすいと感じる人事担当者も多いですが、 Indeedから応募が来ない理由としては以下のものが考えられます。

アクセス数が少ない

Indeedに限らず求人広告はアクセス数が応募数に比例し、採用率に繋がってきます。

アクセス数が少なければ応募者も少なくなってしまうため、応募が来ないことが考えられます。

アクセス数が少ない原因として考えられるものは、競合が多い職種や都心部などの募集の場合は、求人数そのものが多いので求人が埋れてしまい求職者に見つけてもらえないことがあります。

自社の求人内容に魅力が感じられない

アクセス数はあるけど応募につながっていないという悩みを抱える企業も多いです。

アクセス数があるにも関わらず応募に繋がらない場合は、自社の求人内容に魅力が感じられないことが考えられます。

応募者には希望先の企業に関する情報源は、募集要項しかないため募集要項の内容に魅力を感じられなければ応募に繋がりにくいです。

アクセス数の割に応募数が少ないという場合は、自社の募集要項の内容を見直すことが必要になります。

ターゲットが存在しない

応募が来ないという理由の一つに、ターゲットが存在しないことが挙げられます。

技術職などの募集の際に多くみられるのが、経験年数10年以上などの条件を設けており、ターゲットを絞りすぎることでターゲットが存在せず応募が来ないことが多いです。

特に技術職の募集の場合、技術者の母集団が少ないため、ハードルを下げて募集を行うなどの柔軟な対応が必要になります。

Indeedで効果アップを狙うためのポイント

最近では Indeedを活用して採用活動を行う企業も増えていますが、 Indeedで効果アップを狙うためのポイントについて見ていきましょう。

ターゲットに合わせた採用手法を選ぶ

採用活動を行うときは、採用したいターゲットを設定することが大切になりますが、ただ求人広告を掲載することでターゲットが来るわけではありません。

ゲットしたいターゲットに合わせた採用手法を選ぶことが大切になります。

多くの企業では、ターゲットに合わせた採用手法の選択ができておらず、ターゲットを採用できないと悩む担当者も多いです。

原稿内容を見直す

先ほども触れましたが、応募者がこない理由の一つに求人内容に魅力を感じないことが挙げられます。

募集要項の情報は求職者にとって貴重な情報源となるため、求職者が知りたいことや不安を軽減できるような情報を加えることが、応募者アップにつながります。

原稿を作成するときは、求職者の目線になって作成することが求められます。

有料枠を利用してアクセス数アップを図る

Indeedは求人サイトよりも圧倒的な求人数であるため、営業職などの職種や地域によってライバルが多く、自社の求人が埋れてしまうことも考えられます。

このような場合は、有料枠を利用して検索結果の上位に表示されることでアクセス数を増やし応募数アップに繋げることが期待できます

職種や地域によってライバル数も異なるため、募集内容に合わせて有料枠の使い分けも方法の一つです。

まとめ

今回は、Indeedで効果アップを狙うために知っておきたいポイントについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

求人を掲載しても応募が来ないと悩む企業は多く、原因が分からないまま採用活動を行っている担当者も多いです。

応募者を増やすためにはアクセス数を増やすことが、採用率をあげる方法であり、効果アップを狙うためには原稿内容の見直しなどが必要になります。

Indeedで掲載した求人の効果アップを狙うためには、有料枠の利用など求人内容に合わせて選択することが大切です。