ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

正社員だけでなくバイト募集もできる?

インディードでアルバイト募集を行う方法と使い方

インディードでアルバイト募集を行う方法と使い方

採用活動を行う企業の中には、採用する雇用形態に合わせて採用手法を変えているという企業もあるのではないでしょうか? 最近ではwebの求人広告が主流になっていますが、媒体を使い分けるのは面倒ですよね。 Indeedではアルバイトから正社員まであらゆる雇用形態の求人が掲載できるので、面倒な媒体の使い分けの必要がなくなります。 今回は、Indeedでアルバイト募集を行う方法と使い方についてお伝えします。

Indeedとは?

最近ではテレビCMでも話題になっている「Indeed」ですが、よく分からないと思っている企業も多いと思います。

Indeedとは求人広告ではなく、求人検索型エンジンになります。

求人検索型エンジンとは、Yahoo!やGoogleと同様の検索エンジンのことであり、その中でも求人情報に特化した検索エンジンになります。

最近知名度も上がっているIndeedですが、Indeedの特徴について見ていきましょう。

Indeedの特徴

Indeedは先ほどもお伝えした通り、求人検索型エンジンになります。

このIndeedの特徴は以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

このように一般的な求人サイトとは違って、様々な特徴があります。

Indeedの国内ユーザーの数

最近はCMの影響もあり、知名度も上がってきており、Indeedの国内ユーザーは月間1000万人に上がっていると言われています。

月間1000万人以上という数字は、大手の求人広告よりも圧倒的な数字であり、多くのユーザーが利用していることが分かります。

Indeedの利用画面は、勤務地と職種を入力する2つの検索ボックスが設置されているだけのシンプルなものであり、ユーザーが使いやすいシステムであることが特徴です。

知名度の向上により、まだまだ国内のユーザーは増えることが予測されています。

Indeedを活用するメリット

求人検索エンジンであるIndeedですが、Indeedを活用することで企業だけでなくユーザー側にもメリットがあります。

それぞれのメリットを見ていきましょう。

企業側のメリット

企業側がIndeedを活用するメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 採用コストを削減できる
  • 効率的に採用活動ができる
  • 募集によって媒体の使い分けが不要になる

Indeedの求人掲載には無料枠と有料枠があり、有料枠であっても予算を設定することができるため予算内で掲載することが可能です。

このため、求人サイトに掲載した場合と比べると1人当たりの採用コストを約1/3削減できたという企業も多いです。

また、Indeedは求人サイトと違ってすぐに掲載がスタートできるので、効率的に採用活動を進めることができます

そして、Indeedでは求人サイトのように社員は社員用の媒体、などのように使い分けの必要がないため、一つの媒体で社員もアルバイトも募集が可能になります。

ユーザー側のメリット

Indeedを使うユーザー側のメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • シンプルで使いやすい
  • 条件にあった求人に出会える確率が上がる
  • 面倒な登録などが不要で利用できる

Indeedのホーム画面は職種と勤務地を入力するだけのシンプルなものになっているので、多くの人が使いやすい工夫がされています。

また、職種と勤務地だけでなく、様々な条件を入力して検索ができるので、希望する条件にあった求人に出会える確率が高くなります。

求人サイトの場合は掲載期間が決まっているため応募者を取りこぼしてしまうことも考えられますが、Indeedの無料掲載枠では掲載期間が設けられていないので応募者の取りこぼしも防ぐことができます

そして、求人サイトから応募する場合は会員登録などが必要になりますが、Indeedから応募する場合は登録は不要であり簡単に応募できるため、応募へのハードルが低く応募しやすい環境が整っています

このようにIndeedはユーザーが使いやすい環境に整えられているため、利用者が増え続けていることが分かります。

Indeedでアルバイト募集もできる

Indeedでは正社員だけでなく、アルバイトやパートの募集もできるので、媒体の使い分けの必要がなくなります。

Indeedで求人を掲載するためには、いくつかの条件があるので理解しておく必要があります。

Indeedで求人掲載するための条件を見ていきましょう。

Indeedで求人掲載するための条件

Indeedでは求人を掲載するためにいくつかのルールが設けられており、ルールが満たされていない場合は掲載できないこともあります。

Indeedの掲載ルールは以下の4点です。

  • 1求人につき1ページ
  • 雇用形態別に求人を分けない
  • 勤務地の住所が番地までしっかり記載されていること
  • 仕事内容が具体的で分かりやすいこと

Indeedでは、1つの求人につき1ページと定められています。

例えば、営業職と事務職を募集したい場合は、必ず別々のページで作成しなければなりません。

ただし、雇用形態別に分ける必要はないので、職種のページにまとめて記入することが可能です。

営業職で正社員とアルバイトを募集したい場合は、営業職のページ内に正社員とアルバイト募集の内容を記載します。

そして、勤務地の住所が番地まで完全な状態で記載されていることもポイントです。

勤務地が完全な情報でない場合は掲載されないこともあります

Indeedに求人を掲載する方法

Indeedに求人を掲載する方法としては、自社の採用ページをクローリングさせる方法Indeedが用意したフォーマットに直接入力する方法があります。

自社の採用ページがない、ホームページに力を入れていないという企業の場合は、Indeedが用意したフォーマットでも募集要項が作成できるので安心です。

それぞれの企業の方法に合わせて掲載できる点もIndeedの強みです。

まとめ

今回は、Indeedでアルバイト募集を行う方法と使い方についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは正社員だけでなくアルバイトなど雇用形態によって媒体の使い分けの必要がないので、企業側にも使いやすいメリットがあります。

また、ユーザー側にも使いやすいメリットが多いので求人探しの主流になりつつあります。

Indeedを活用することで正社員からアルバイトまで幅広く、採用活動を効率的に実施することができます