ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

インディード履歴書を確認して、候補者へアプローチ!

インディード履歴書で、積極的に候補者を探す

インディード履歴書で、積極的に候補者を探す

Indeedには求職者が履歴書を登録するサービスがあり、求職者本人のアピールポイントを事細かに紹介しています。 一方で企業側は、多くの履歴書の中から自分の企業に合致した求職者を見つける、という作業を行う必要があります。 このように自社のニーズに合った候補者を効率良く検索する画面、機能、メリットについて紹介します。

Indeedの活用

企業の人事部や採用を担当される方は、一度はこのIndeedという言葉を聞いたことがあると思います。

Indeedは、世界最大の求人特化型検索エンジンとも言われているもので、現在ではこのIndeedを使っての採用効果が実感できます。

しかし実際、求人や採用で何らかの役立つサービスを持っていると言うことは想像できると思いますが、一体どのような機能を持っているかまでは、ピンと来ない方も多いと思われます。

それも当然です。

これまでの日本の採用市場は、求職者本人が仕事探しをする際に求人サイトや折込チラシを参照したり、ハローワークを利用するのが一般的だったからです。

求人検索エンジンが主流になっている

そのため、当然企業側も求人や採用を行う状況となれば、真っ先に求人広告の枠を購入し、求人サイトに掲載したり、ハローワークに求人票を出すといった行動を行います。

しかし、今ではネット技術が凄まじい早さで進歩し、とうとう求人市場にも求人の検索エンジン、運用型広告という新たな採用手法が登場したのです。

そして、中でもIndeedという採用チャンネルがとても注目されています。

Indeedを活用すれば、求人媒体での費用対効果が悪くなっている、採用数が追い付かないということが、解消できる可能性があります。

Indeedの効果

Indeedを使用すれば、なかなか集めることが困難な職種であっても、短期間に応募者を獲得することが可能となることは、実績でも証明されています。

しかも、Indeedは低予算で運営をすることができますので、コストダウンも行うことができるのです。

すると次の課題は、たくさんの応募者の中から優秀な人材をどのように選ぶことができるか、が重要なカギとなります。

もちろん、たくさんの応募者全員と一人一人面談することが好ましいですが、これだと時間と労力がとても必要となり大変です。

できれば、限られた時間に限られた人材にだけコンタクトすることができれば、対費用効果を考える上でも良いことです。

そこで優秀な人材を選ぶには、やはり履歴書が一番のポイントとなります。

Indeedの履歴書

Indeedでは、日々アップされる履歴書で最適な候補者を探すことができます。

採用企業は、この履歴書から学歴や職歴、場所や会社、スキルや経験などを検索することで、ターゲットを絞ることが可能です。

そのため自社のニーズに合った候補者を、選別することができるようになるのです。

求職者は履歴書の添付が可能

一方で求職者はIndeedにエントリーを行うと、Indeed履歴書や従来の履歴書を添付することが可能となります。

これを行うと、素早く企業側への応募が可能になりますが、Indeedでは世界中の企業が登録しています。

ネットの普及に伴いライバルもまた増えていますので、できるだけ他人よりも自分のことをアピールする必要があるのです。

この履歴書ですが、現在は特に法律で書式を決められているわけではありませんので、基本的には自由なフォーマットが可能です。

そのためIndeedでは、多くの方がIndeed履歴書を活用しています。

履歴書とは?

そもそも履歴書とは、学業、職業の経歴など、その人の現在に至るまでの状況を記した書類です。

そのため就職や転職を行う際に、必ずと言って良いほど、企業側の書類選考用の資料として用いられることが多いのです。

また学歴や職歴によって給与にも影響を及ぼし、資格を持っている、経験ありと無しでは待遇が変わることもあります。

履歴書を用いて社内で事前に認識合わせをしたり、会社のニーズに合っているかを話し合います。

履歴書は大切なツール

さらに、ここから会う、会わない、会った際に何を聞くべきかなど、履歴書を通して判断する必要があるのです。

このことからも、履歴書はとても重要な書類であると認識できると思います。

しかしそうは言っても、履歴書には偽りを記載することはできません。

過去の事実はどうしても変えることはできませんので、正直ベースに記載することが重要です。

その上で就職をする企業に対してどのような点で貢献できるのか、成果を出せるのかをPRすることが大切なのです。

Indeedで候補者を探す

Indeedでは、世界中の求職者が登録していますので、履歴書の量も半端なく存在します。

そのため検索機能を充実しないと、大変な作業となりますのでツールの紹介をします。
履歴書検索には、Indeed Resumeが便利です。

Indeed Resumeを使用するメリットは、何百万件という履歴書を検索し、あらゆる分野のターゲットを絞った結果を表示することが可能です。

検索できる項目は教育、肩書き、場所、会社、スキル、経験などといったカテゴリ別に組み合わせるを行うことができますので、ニーズに合った人選が可能です。

そして検索結果もとても簡素としており、履歴書の検索、共有、ダウンロードが素早く実施できます。

また料金については、サブスクリプション、ライセンス料金は不要、将来の雇用者と連絡をする準備が整ったときのみ支払うシステムとなっています。

Indeed応用でさらに効果アップ

Indeedを運用するのであれば、単に成果が出る、出ないだけの判断に使用するのは勿体無いです。

それは、ここから採用情報のページをさらに良い方向にチューニングしていくことが可能だからです。

そのため常日頃から定期的にチューニングすることで、全体の採用効果を底上げしていくことができ、質の良い求職者や応募者数も引き上げすることが可能となります。

これを実現できるのが求人アナリティクスという機能で、登録している求人の中でどのような職種がたくさんクリックされているかを紹介する職種ランキング、勤務地、検索キーワードを集計することができます。

このツールはデータを集計したり、分析することが苦手という方でも容易に扱うことができます。

そのため一目で分かりやすい状態で表示してくれますので、とても使いやすく手間がありません。

まとめ

今、話題となっているIndeedを上手に活用することができれば採用者を増やすだけでなく、自分たちのニーズに合った人を多く採用することが可能です。

そのためには、Indeedで用意されている様々な機能を使いこなし、理解する必要があります。

紹介したツールもその中の一つですので、上手に利用して採用者を増やせれば幸いです。