ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

より良い成果を得るために注意すべきポイントを確認!

インディードでダイレクトリクルーティングを行う時に気をつけたいこと

インディードでダイレクトリクルーティングを行う時に気をつけたいこと

求人サイトや転職サイトを利用して求人活動を行っている企業は少なくないと思われますが、最近では新しい検索エンジンを活用した採用手法が流行っています。 それがIndeedです。 Indeedでは、採用活動が行いやすくなるという利点が得られます。 このIndeedを利用し始める企業が増えてきているのですが、ただ単に求人情報を掲載するだけでは、良い成果は得られません。

ただ求人情報を掲載しているだけでは成果は得られない

Indeedは無料と有料の選択ができ、企業がコストをかけないように求人情報を掲載することも可能です。

しかし、ただ単に求人情報を掲載しているだけでは、ユーザーの目に留まる求人広告を掲載することはできません。

そこで、企業ではどうやったらユーザーに見てもらえるような求人情報になるのかを、試行錯誤しているところもあると思われます。

求人情報の内容に問題があるのではないか、と考えて書き換えてみたり、タイトルにインパクトがないことで見てもらえないのではないか、と思っているところも多いでしょう。

求人情報のアピールが必要

しかし、Indeedでは本当にたくさんの企業が採用活動を行っているため、自社の求人情報に目が行くようにすることはとても大変です。

仕事を探している側のユーザーとしては、少しでも給与が高い企業で働きたいと願ったり、待遇を重視したり、キャリアアップを図るために転職をしたい、と思っている人もいます。

このような人たちに自社の求人情報をアピールするためには、ダイレクトリクルーティングがもっとも良いのではないか、と思われます。

Indeedでダイレクトリクルーティングを行う方法

ダイレクトリクルーティングを行うときは、Indeedの履歴書を検索できるサービスを利用して行うのが良いと思います。

ダイレクトリクルーティングを行うと優秀な人材を獲得できるようになりますので、すぐに人材を増やしたい、自社に合う人を探したい、という場合はおすすめです。

Indeedに履歴書を登録している人は、今すぐ転職したい人、転職活動を考え始めた人などが多いので、これらの部分からアプローチをかけていくのが適切だと考えられます。

さらに履歴書を登録している人の中には、今すぐ転職したいというわけではないが積極的にキャリアアップのチャンスを探している人もいるため、この人たちに向けてアプローチをしていくことも重要です。

情報をハッキリ乗せることが大切

ダイレクトリクルーティングを行うのが今すぐ転職したい人、転職活動を考え始めた人をターゲットとする場合は、ある程度の給与面や待遇、雇用形態などをハッキリと分かるようにしましょう。

そうすれば、仕事を変えても良いという人も出てくるはずです。

今すぐ転職するわけではないが、積極的にキャリアアップのチャンスを狙っている人をターゲットにする場合は、企業側もアプローチの仕方を考える必要があるでしょう。

キャリアアップを望んでいる人はどんな部分を望んでいるのか?

キャリアアップをしたいという転職理由は、前向きな姿勢の意味としてよく使われる言葉でもあります。

しかしキャリアアップと言っても、人によってキャリアアップに求める条件は、それぞれあるということを覚えておきましょう。

キャリアアップ=スキルをアップさせたい、と思っている人も多いとは思いますが、人によっては資格を取得したい、年収をアップさせたい、安定性をアップさせたいと願い目指している人もいます。

入社の条件を分かりやすくする

今の職場では企業として不足はないが、役職になることができないため転職をしたい、と望んでいる人もいるでしょう。

同職でありながら少しでも良い条件で働ける場所を探している人全体を表しているので、このような人にアプローチするためには、ただ単に仕事内容を掲載するのではなく仕事内容を分かりやすく書くようにしたり、入社後はどんなポジションに就くことが可能なのかを明確にしたり、入社の条件を分かりやすくする、ということが必要になります。

Indeedから履歴書を検索する際は今どんな仕事をしているか、どんなポジションで仕事をしているかということを考え、キャリアアップを望んでいそうなユーザーに対しては条件やポジションなどが明確に分かるようにアプローチをかけていくと、相手の心に響く求人情報となり、この職場で働きたいと思ってもらえるようになります。

給与は最低給与と最高給与を記載する

中小企業であれば、給与面や待遇に関してキャリアアップを望んでいると思うようにし、給与面では明確に最低給与、最高給与を提示すれば心惹かれる求人情報になると思われます。

Indeedでダイレクトリクルーティングを行うときは、転職を望んでいる人に分かりやすく求人について理解をしてもらえるよう、様々な部分を詳しく工夫して情報を掲載しましょう。

直接相手にメールを送る場合は、自社で働くとどんなメリットが得られるか、どんなキャリアアップが望めるかということを訴え、相手の心に残るようなメールを作成するようにしましょう。

まとめ

Indeedを利用していても、ただ単に求人情報を掲載しているだけ、という企業も少なくありません。

しかし、これでは優秀な人材や企業が求めている求職者に対して、効果的なアプローチができているとは言えません。

Indeedを利用するのであれば、サービスを最大限に活用して、履歴書からダイレクトリクルーティングを行うのが効果的ではないか、と考えられます。

ダイレクトリクルーティングは企業にとってプラスになる

履歴書から自社に合う人材を見つけたり、スキルや経験を持っている人を探すというのは、企業にとってもプラスになります。

ダイレクトリクルーティングを行うことは、採用担当者にとっては職務が増えてしまうということもありますが、少しでも良い人材や優秀な人材を獲得して長く職場で続けてもらうようにすることも大切なのではないか、と思われます。

ダイレクトリクルーティングでは今すぐ転職したい人、転職活動を考え始めた人、キャリアアップを目指している人に向けてどれだけ自社のアプローチができるか、というところがカギになると考えられます。

ですので、自社に入社するとどんなメリットがあるか、給与面や待遇はどうなのか、どんなポジションに就けるかということを明確にして、良い人材や優秀な人材を採用できるように働きかけていきましょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容