ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

多様な利用方法があるインディードは評価が高い!?

気になるインディードの評判

気になるインディードの評判

最近では、Indeedを活用して求人広告を掲載する企業が増えています。 求人広告を載せる際に、Indeedが主流と言える時代が到来しています。 月間ユーザー数は日本だけでも1000万人を超えると言われ、CMや電車などで宣伝の広告を見かけることも多くなりました。 ネットの口コミでは、「無料で活用することができるのでコスト削減につながる」、「全国規模での募集ができるためたくさんの応募が集まる」ということが書かれています。 そこで、企業が実際にIndeedを利用してみて、サービスやシステムなどについてどのように感じたのかを紹介していきたいと思います。 これからIndeedを利用しようと思っている企業は、参考にしていただきたいと思います。

無料で求人広告を掲載できるところが良い、という企業が多い

有料に比べて、応募率が落ちてしまうと言われているのが無料掲載です。

しかし、中小企業や小規模な事業所としては得られるメリットが大きい、と評判になっています。

無料掲載で求人広告を打ち出せるというサイトは今までなく、あったとしてもあまり使われていないサイトということもあり、あまり意味がなかったという企業も少なくありません。

そんな中、Indeedはユーザー数がとても多い検索エンジンですので、利用者が少ない求人サイトに求人広告を出すよりも効果的な成果が得られる、ということから企業間で話題を呼んでいます。

無料掲載は不利?

Indeedでは、スポンサー広告やクリック数の多い求人広告が先に表示されるため、無料掲載に行きつくまでには相当な時間がかかると言われています。

ですが、使用しているユーザーが事細かくキーワードを検索すれば、検索結果に表示される件数も少なくなるため、無料掲載の求人広告でも閲覧してもらうことができ、成果に繋がっている企業も少なくありません。

「事業内容に関してこれだけは外せない」というキーワードを掲げている人もいるため、そのような人には検索してもらいやすいのではないか、と考えられています。

Indeedの無料掲載では一切料金が発生することがないため、中小企業でも安心して求人広告が打ち出せ、予算を作ったりコストについて考えることもなく、利用しやすいと言います。

有料掲載でも自社で予算を設定できるところが便利

通常の求人サイトで広告を掲載してもらうためには、「1週間の契約でいくら必要」と料金が発生してしまうのに対し、Indeedの有料掲載では自社で予算を設定してコストを超えないようにすることができます

また、予算の設定は月ごとや総予算として設定を行うことができるところも、企業としては助かるようです。

さらに有料掲載では、ユーザーがクリックしたことにより順位が上がるシステムですので、クリックされればされるほど表示されるのが早くなる、というメリットもあります。

このおかげで多くのユーザーの目に触れるようになり、さらなる応募数が見込めるようになります。

企業が求めている人材を獲得できるところが良い

企業側としては、求めている人材を集めたいと考えているところもあり、Indeedではこのように掲載することも可能です。

求人広告の内容に必要なスキルや経験、人柄など自社が求めている人材を明確に掲載することができますので、企業が必要としている人材だけを獲得できます。

例えば、開発の仕事であれば新しい取り組みに積極的に動ける姿勢のある人や、技術や知識などが必要になりタクシードライバーであれば語学に長けている人を集めたい、という企業もあるでしょう。

このような人材を獲得できるところも、Indeedならではないかと思われます。

企業が求めている人材だけを獲得できるということは、企業にとっても大きな成果となり大きな仕事に向けて指導ができるようになったり、企業としても大きく成長できるようになるのでは、と考えられます。

データで自社の求人広告のどこに欠点があるのかを判断できる

Indeedには色々な統計データを取ることができるサービスがあり、ユーザーがどんなキーワードを検索しているかや、応募が集まらない欠点などを見分けることができます。

これにより求人広告を見直すきっかけが作られ、新たにユーザーに分かりやすい内容の求人広告を掲載することで、良い成果が得られたという企業も少なくありません。

今までの求人サイトではこのようなサービスはなかったため、企業としても応募が集まらない理由が分からないままで終わっていました。

求人広告の掲載の仕方が分かるようになった

しかし、このサービスのおかげで求人広告の掲載の仕方が分かるようになった、という企業が増えています。

また、Indeedと採用管理システムを使うことで、応募をしてくれた人の履歴書のデータを管理したり、応募者の選考状況の管理や評価のデータを管理することができます。

これにより、応募から採用に至るまでのデータを一元管理できますし、企業からはとても便利で使いやすい、分かりやすくて良い、と答える企業が多いです。

まとめ

企業がIndeedを活用して実際に感じたことは様々なようですが、一番評価が良いところは無料掲載や有料掲載についてだと思われます。

無料で求人広告を掲載できることが助かるという企業や、コストをかけなくても良い分数ヶ月にわたり求人掲載できると考えている企業もあります。

予算が決められる点が良い

また、有料の求人広告の掲載では自社で予算を決められる点が良い、と感じている企業もありました。

これらのシステムによって、料金的な問題で求人広告を掲載できなかった企業でも、求人広告を載せることができるようになりました。

求人広告を掲載するうえで、広告掲載料としてかかるコストの問題はつきものだという概念がなくなり、誰でもどんな企業でも同等の求人掲載ができるサイトは少ないです。

これは、世界No.1の求人情報専門の検索エンジン「Indeed」だからこそでしょう。

データ管理もできる

他にも、企業が求めている人材を獲得しやすいですし、データ管理もできるという部分も評価が高い理由なのではないか、と思われます。

評価全体を見ると、一般的な求人サイトを利用するよりもIndeedを活用した方が、得られるメリットは大きいのではないでしょうか。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容