ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

インディードは活動スタイルの変化に合わせて活用できる!

求職活動のスタイルが変わってきている!?インディードが注目される理由とは

求職活動のスタイルが変わってきている!?インディードが注目される理由とは

数年前まではリクナビやマイナビなどで求人を掲載し、たくさんの成果を上げてきた企業も多いのではないでしょうか。 しかし、最近ではこれら既存の求人募集からユーザーが離れている、という現象が起きています。 リクナビやマイナビは手軽に求人情報を確認でき、仕事を探す手段として活用されてきたのですが、ユーザーが離れていくのは何が原因なのでしょうか?

最近はリクナビやマイナビなどで成果を上げることが難しい

リクナビやマイナビは利用しやすいというのが売りだったのですが、求人数が少ないことが大きな問題となり、中途採用の職探しとしてはユーザー離れが進んでいます。

ユーザーが離れていくということは、企業がどんなに露出をして求人情報を掲載したとしても、応募が集まらないということです。

つまり、成果を上げることが難しくなってきているのです。

そもそも、リクナビやマイナビは1週間単位で料金が発生するシステムですので、短期間で成果を上げられない場合は企業に大きな負担を与えてしまいます。

さらに求人掲載料というのはとても高く、通常のアプリやネット上で確認できるものでも、大体20,000円程度はかかります。

掲載する期間が延びれば延びるほど料金が高くなりますので、企業としても大きな賭けをして求人情報を掲載してもらう必要があります。

検索エンジンでキーワードを入力すれば簡単に求人が出る

企業としてはそんなリスクを負わなくても、今の時代に合わせた求人情報を掲載すれば良いのではないか、と考えるところが増えています。

今では、Googleの検索エンジンを使って自分が求めているキーワードで検索をすると、情報が簡単に出てきます。

しかし、Googleの検索エンジンで「東京都+求人」などとキーワードを入力しても、全く違う記事がヒットしてしまうというケースは少なくありません。

そのため、何が求人情報が確認できる記事なのかを判断することが難しく、1つ1つのページを見て判断していくしかありませんでした。

そんな中で生まれたのがIndeedです。

検索エンジンを利用することが多い人から、圧倒的な支持を得ています。

検索エンジンを利用しているのは比較的若い層が多い

検索エンジンを利用している人の多くは比較的若い層が多く、Googleよりも手っ取り早く求人情報が探せるIndeedに人気が集中しています。

現代は、より手軽で便利にスムーズな対応が求められますので、Indeedのような求人情報専門の検索エンジンが人気になるのは、当然のことかもしれません。

採用市場としても手っ取り早く探せるという現状や、自社の採用サイトを充実させることに力を注いでいる企業が成果を上げるという時代です。

Indeedで求人情報を見て応募する、という若い層から人気が上がり、ユーザー数がどんどん増えていくのではないか、と考えられます。

Indeedでキーワードを設定すると望んだ求人が上位に表示される

Indeedの検索エンジンを使って求人情報を探そうとするとき、キーワードや勤務地を設定します。

その検索結果はとても正確に作られていて、Googleの検索エンジンのように求人情報とは関係ないものがヒットすることはありません。

自分が設定したキーワードで検索をすれば、望んだ求人情報が上位に表示されますので、ユーザーとしても利用しやすいサイトです。

1つずつ求人情報を確認しなくても、ある程度検索結果のページ内で確認をすることができますので、気になる求人情報だけに絞って簡単に情報を掘り下げていくことが可能です。

またIndeedはモバイル端末だけでなく、PCサイトでも同じ情報を共有することができますので、とても便利で手軽に仕事を探すことができます。

Indeedは企業にとってもおすすめの検索エンジンであり、業種や雇用を問わず成果が出ています。

人材を獲得したいならIndeedも想定して媒体選びをしよう

企業は人材をたくさん獲得したい、優柔な人材を雇用したいと思っているのが通常です。

Indeedは企業が求めている媒体選びに特化していて、サービスの種類や規模、ユーザーの種類と幅などのポイントがあります。

サービスの種類は無料と有料の2種類に分かれていますので、企業としても選択がしやすく、Indeedの規模は世界で60ヶ国、28言語に対応しています。

国際社会が広がりを見せる中、Indeedで優秀な人材を雇用し、国際社会にも対応した会社にしたい、と考えている企業にもおすすめです。

ユーザーは比較的若い層が多いということですが、幅広い世代の人が利用していて求める職種も幅広く、正社員や派遣社員、アルバイトなどを望んでいるユーザーもたくさんいます。

人材を獲得したいと考えている企業は、このようなサービスを提供してくれるIndeedを使って、優秀な人材を雇用していくのも良いのではないか、と考えられます。

予算の配分を考えながら掲載をしていくことを考える

Indeedは無料と有料があるのですが、有料だからと言って他の求人サイトのように単に料金が発生したり、それでも効果がまったく出ない、ということは少ないです。

Indeedの事例では、応募数が月に12人もいたというところや、採用サイトの訪問数が5倍も増えた、採用率が上がったと述べている企業がたくさんあります。

Indeed側が決めた料金ではなく、自社でどれだけ負担ができるかによって予算を決められます。

ですので、何ヶ月にもわたり求人情報を掲載していくか予算の配分を行い、クリック率を高めて露出が増えていくように考える必要があります。

クリック率が高まり露出が増えていけば、有料の求人情報の中でも上位に表示されるようになりますので、応募数も上がり良い結果が出てくるのではないか、と思われます。

まとめ

中途採用によるリクナビやマイナビの利用者は減っているのに対し、Indeedの利用率は上がっています。

それは、時代の流れに沿って便利且つ手軽に求人情報を見れる、というところからだと思います。

Indeedは企業にとっても損になることはありませんので、人材を獲得したいと思っている企業は利用してみた方が良いでしょう。

必ず結果が現れ、良い人材を獲得できるのではないかと思われます。

ただし、Indeedは日本国内で最近になって、ようやく認知度が上がっている状態でもあります。

そのため当分はIndeedだけではなく、他の求人募集と併用して利用しましょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容