ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

外注業者のノウハウを活用するのも方法の一つ!

インディードの運用を外注したほうが良い4 つの理由

インディードの運用を外注したほうが良い4 つの理由

採用活動を担っている採用担当者は、最新の採用方法も活用していることを求職者にアピールする必要があります。 新しいサービスを取り入れているということは、求職者に良いイメージを与え、この会社で働きたいと思う人も増えていくのではないか、と考えられます。 採用担当者が一人で運用していくのは大変な面もあるということから、運用自体をプロに任せた方が良いのではないか、という意見もあります。 そこで、Indeedで運用を外注した方が良い理由について、まとめてみました。

その①採用ページの露出を増やしてくれる

最新の採用方法でよく利用されるようになったIndeedは、運用をしていく上で自社の採用ページの作成やレポートと照らし合わせながら、求人広告を最適なものにしていかなければなりません。

外注を請け負っている企業は独自のツールを使い、運用に特化しているコンサルタントが熟練のノウハウで、採用を成功へと導いてくれます。

また、良い影響を与えると考えられる画像を使い求職者に積極的にアピールをして、採用ページやIndeedに掲載された求人広告の情報を露出してくれます。

これにより、求職者が運用を代行してもらっている企業の採用ページをクリックする回数を増やしたり、応募数を増やすことができ、成果につながるようにしてくれるでしょう。

これらの運用を外注で行っているところは、Indeedが公認している会社です。

定期的にIndeed社が開催しているセミナーに参加して情報交換をしているため、安心して利用することができます。

その②求人広告の掲載における作業も外注できる

求人広告に質の良い情報を載せることができなければ、Indeedで良い成果を得られなくなり、応募してくれる人数も少なくなります。

採用担当者の多くは求人広告の何が悪いのか、どんな書き方をしたら良いのか分からない、という人も多いでしょう。

Indeedの運用を外注すると、求人広告の掲載における作業を一括でお願いすることができます。

そのため、Indeedに効果的な求人広告を掲載できるようになるのです。

求職者にとって魅力的な求人広告を作成してくれる

効果的な求人広告は、求職者の目に留まるような情報が満載に書かれています。

多くの求職者が企業の求人広告を見て、ここで働きたいと考えるようになるでしょう。

Indeedの運用を外注する企業によっては、このような求人広告を最適なものにしてくれるところもありますので、今まで求人広告を掲載しても成果が出なかったというところも、運用を外注することで良い成果が得られるようになると考えられます。

また、求職者が検索しやすいキーワードを使って求人広告を考えてくれますので、検索結果でひっかかりやすい求人広告を制作してくれます。

その③複数のキャンペーンの作成と出稿制限管理による出稿運用が可能

通常、Indeedを利用している場合は、1つずつキャンペーン登録作業を行わなければならないのですが、外注に出すことで出稿管理ツールを使い複数のキャンペーンの運用が可能となります。

また、このツールを使って曜日・昼夜別の出稿制限界管理による出稿運用もでき、細かい部分の運用もしてもらえます。

その④広告の出稿もスムーズに行ってくれる

採用担当者が求人広告を考えてIndeedにその情報を掲載する場合、求人広告の作成に時間がかかってしまうこともあります。

それは、他にも行わなければならない業務があったり、アカウントの開設で手間がかかってしまうこともあるからです。

しかしIndeedの運用を外注に出せば、ヒアリング内容を用いてアカウントの開設から出稿までの流れをスムーズに行ってくれます。

外注では、アカウントの開設から出稿までは最短で1週間程度というスピード対応で行ってくれますので、従業員が退職してすぐに人材が欲しい、という企業の願いも叶えてくれます。

ターゲットに向けた広告が作成できる

また、それぞれの企業が望んでいるスキルや経験、人物像などのターゲットに向けて情報を投げかけてもくれます。

そのため、今までは求めているようなターゲットが応募してくれなかったという企業でも、ターゲットを明確に提示してくれますので、求めた人材を獲得できるようになるでしょう。

求人広告に関しての情報は運用の外注をお願いした企業から確認が入るのですが、3分ほどで予算や求人広告についての内容を説明してくれますので、採用担当者の手を煩わせてしまうこともありません。

またIndeedの運用を外注するときは、企業によってどのくらいの予算を立てられるかということも聞いてくれます。

その際、規模や求人広告にかけられる予算を伝えると、きっちりその金額内で運用をしてくれますので、安心して任せることができるでしょう。

まとめ

Indeedは採用担当者が運用することももちろんできるのですが、人によっては運用自体が難しいと感じてしまうこともあります。

そんなときは外注に出して、求人広告の作成や運用自体をプロに任せた方が良いと思われます。

Indeedはたくさんの求職者が利用しているサービスなのですが、効果的な求人広告を掲載できないことには、ただ利用しているだけで何の効果も得られません。

他の会社よりも良い求人広告を掲載できる能力がない、求人広告をどうやって書いたら良いのか分からない、求人広告を掲載しても応募が集まらないという企業は、運用を外注した方が良い成果が得られることが十分に考えられます。

今まで以上に良い成果が得られるようになる

また、企業が求めているターゲットに向けた求人広告を作成してくれますので、今まで以上に良い成果が得られるようになるでしょう。

求人広告だけでなく採用ページの露出を行ってくれたり、日々のデータの確認などを行ってくれますので、効果的な戦略を考えてくれます。

求人広告を作成する時間がない、広告費を抑えたい、運用の外注を考えているというのであれば、Indeedが公認している企業にお願いをして、運用を依頼してみると良いでしょう。

Indeedが公認している企業であれば、Indeed社で行っているセミナーに参加して情報交換を行っているコンサルタントが運用してくれますので、安心して任せられるのではないかと思われます。

新たにIndeedを利用して求人広告を露出させて良い成果を得たいという企業も、運用を外注に出すことを考えると良いかもしれません。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容