ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

お金をかければ採用できるわけではない!

中小企業が実践している採用手法とインディードについて

中小企業が実践している採用手法とインディードについて

採用市場は求職者の売り手市場と言われているため、採用に苦戦している中小企業は多いです。 採用が上手くいかない企業の中には、「お金をかけていないから上手くいかない」と考えている企業もありますが、お金をかければ採用が成功するわけではありません。 採用活動はターゲットに合わせた方法で行うことが成功に近づく近道になります。 今回は、中小企業が実践している採用手法とIndeedについてお伝えします。

採用が難しいと感じる中小企業は多い

人手不足に悩む企業も多く、採用自体が難しくなっていると感じている企業は増えています。

採用活動を行っている中小企業の6割近くは、採用が上手くいかず課題に感じていると悩んでいます。

人材の確保は企業にとって永遠のテーマでもありますが、中小企業の多くは「ターゲットが来ない」「良いと思った人に辞退される」などの課題を抱えています。

現状としては求職者は増えている状況ですが、なぜ採用が難しくなっているのでしょうか?

採用が難しい理由とは?

採用市場では求職者より求人数が多くなり、求職者の売り手市場になっています。

すなわち、求職者が企業を選び放題の状況に陥っているということです。

そのため、企業同士で求職者を取り合っている状態になり、採用の難易度が上がってしまっているのです。

また、少子高齢化の影響もあり労働人口が減少しているため、人口自体が少なくなってしまっていることも採用が難しくなっている理由の一つです。

少子高齢化の影響により、今後も採用が困難になると予測されています。

中小企業が実践している採用手法について

採用活動を行う中小企業は多いですが、あまり採用にコストをかけられないと考える中小企業も多いです。

そんな中小企業が実践している採用手法について見ていきましょう。

ハローワーク

ハローワークは無料で利用できることもあり、とりあえず求人票を出しているという企業も多いです。

無料で利用できるので採用コストはかかりませんが、ターゲットではない人からの応募や志望動機が低い人からの応募なども多く、なかなか良い人がいないと感じる担当者も多いです。

知人・友人の紹介

現在働いている社員の知人や友人を紹介してもらう手法をとっている企業も多いです。

社風にあった人に出会える可能性は高くなりますが、急ぎの採用の場合は向いていないことが多いです。

求人サイトに広告を掲載する

求人サイトに広告を掲載するという方法は、多くの企業が行なっている採用手法の一つです。

求人サイトのプランによっては料金が高くなるので、採用が必要になったたびに掲載できないという企業もあります。

また、費用対効果が感じられないことも多くリスクが高いと感じる担当者もいます。

中小企業に応募が来ない理由

採用活動を行っている中小企業の中には、求人広告を出しても応募が来ないと悩む企業も少なくありません。

中小企業に応募がこない理由として考えられるものは以下の3点です。

採用ページを活用できていない

中小企業の中には自社のホームページを持っているところも多いですが、採用ページは作成していないという企業もあります。

求人サイトの求人広告などから募集してくる応募者のほとんどが、自社のホームページを確認してから応募しています

求人サイトのページだけでは分からない会社の雰囲気などの情報を得るために、自社のホームページを見ていることが考えられますが、採用ページを充実させることで応募者を増やせる可能性が高くなります。

応募がこないと悩む企業の多くは、自社のホームページを活用できていないところが多いです。

大企業の求人に埋れてしまっている

求人サイトに広告を出した場合、プランによって広告の大きさが変わってしまうため求人が埋もれてしまうことがあります。

特に営業職などは募集件数も多く、大企業も募集を出しているため、サイズの小さな広告は応募者の目に止まりにくく効果が得られないことが多いです。

求人サイトは求職者が多く利用しているので、一番早い採用手法と思われがちですが、その分ライバルが多くなってしまうのです。

ターゲットに合わせた手法ができていない

採用活動を行う上で大切になるのがターゲットの設定ですが、ターゲットに合わせた手法を行うことができておらず、採用できないと悩む企業は多いです。

例えば、ターゲットが女性であれば女性向きの媒体を利用するなど、ターゲットに合わせた採用手法を選択することが重要になります。

中小企業の多くは、人事担当が兼任していることが多いため、時間が取れず採用手法の選択まで出来ていないことが多いです。

Indeedを活用することで採用成功の可能性を高められる

先ほどは中小企業に応募がこないと考えられる理由を挙げましたが、Indeedを活用することで採用成功の可能性を高めることができます

Indeedは従来の求人サイトではなく求人検索型エンジンになるので、広告の大きさによって検索順位が不利になるなどのシステムはありません

しかも無料で掲載することも可能になるので、採用コストを気にしている中小企業にとっても導入しやすい採用手法になります。

中小企業がIndeedを活用するメリット

Indeedは求人検索型エンジンであり、ユーザーが検索したキーワードに一番近いものから表示される仕組みになっています。

そのため、求人サイトのように大企業の求人に埋もれることも少なく、条件にあったターゲットから応募がくる可能性が高くなります。

中小企業がIndeedを利用するメリットとしては、採用コストが削減できる点が挙げられます。

Indeedには無料枠と有料枠の2種類がありますが、有料枠であっても予算を設定した予算内で掲載ができるので1人当たりの採用単価を下げることができます

Indeedを導入している中小企業は増えている

最近ではテレビCMなどで知名度も上がり、ユーザーも右肩上がりになっています。

ユーザーにとっても企業にとっても使い勝手が良いIndeedは、中小企業でも導入される機会が増え、Indeedを使って採用活動を行っている企業も多いです。

まとめ

今回は、中小企業が実践している採用手法とIndeedについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

今後も採用が難しくなると言われていますが、人材確保は企業にとって永遠の課題になります。

特に中小企業の多くは人手不足に悩んでいますが、採用手法を見直すことで採用成功の可能性をあげることが出来ます。

Indeedなどの新しい採用手法を導入して、採用活動を行うことで採用課題の解決にも繋がります。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容