ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

人材データを適切に把握するには?

データで読み解く、優秀な人材の求職活動

データで読み解く、優秀な人材の求職活動

トップパフォーマーと呼ばれる優秀な人材の獲得は、今も昔も採用企業にとって採用活動の最終目的と言っても過言ではありません。 彼らはコミュニケーション能力が高く、自分のみならずチームでの仕事の生産性を向上させる力も持っており、個々で戦力になるのはもちろんのこと、チーム全体の底上げにも一役買ってくれる大変ありがたい人材です。 そのようなトップパフォーマーたちは、いったいどのようにして求職活動をしたのでしょうか? また、転職経験のあるトップパフォーマーたちは、いつどのタイミングで転職活動を行ったのでしょう。 そして転職や就職に至った動機や決め手とは、一体何だったのでしょうか?

売り手市場、求職活動の変化

現在、日本では飲食産業を中心に求職活動は完全な売り手市場となっています。

ハッピーマンデー制度の施行や、プレミアムフライデーなどを活用した余暇活動を家の外で過ごす人が増え、家族での外食や旅行、レジャー施設の利用頻度が増加していることが求人数の増加に大きな影響を与えていると考えられています。

これほどまでに求人情報が溢れる中、求職者の求職活動は極端に二極化しているわけではありません。

仕事がすぐ見つかるからと消極的であったり、また逆に積極的であったりするわけではないのです。

優秀な人材確保が課題

ある程度仕事が選べる時代だからこそ、自己の能力や希望とマッチする職場を求めて、在職中も求人情報にアンテナを張っている労働者も多く、求職活動市場はグレーゾーンの割合が増えていると考えることができます。

人材が溢れている中、採用企業にとってはいかに優秀な人材を確保するかが、採用活動の鍵と言っても過言ではありません。

何故なら、トップパフォーマーと呼ばれる一部の従業員は、平均的な働きをする従業員の4倍もの成果を上げることができ、向上心と自主性に優れ自発的に生産性を上げ、企業に大きく貢献してくれるからです。

そのような人材は、「キャリアアップができ、スキルを発揮できるより良い環境を求めて、求人情報は定期的にチェックしている」と、求人検索エンジンサイトであるIndeedの調査で発表されています。

そして、売り手市場だからこそ優秀な人材の獲得競争も激化しており、採用活動は採用マーケティングの時代に突入していると言えるでしょう。

優秀な人材のキャリアアップ志向

従来、優秀な人材は黙っていても一流企業からヘッドハンティングされて一流への道が開けるもの、と考えられてきました。

そのため、採用担当者は優秀な人材の確保のために能動的に動き、他社とのトップパフォーマーとの獲得競争に望んでいたのです。

しかし、ヘッドハンティングされるような優秀な人材は、自らの進路や仕事に関しても非常に向上心を持っているため、従来考えられていたような受け身の体制ではなく、むしろ自らが積極的且つ定期的に、より良い環境を求めて求人情報を検索しているということが、Indeedの調査により分かりました。

トップパフォーマーの特徴は問題解決能力が高く、仕事に対して非常に意欲的で自己主導性を持って取り組みことができ、戦略的思考を持ちながら自発的に動くことができます。

そのような特徴を持つ彼らが、仕事において望むことは「やりがい」であり、自分の能力を最大限に発揮でき、且つ向上心を持って仕事に打ち込める環境なのです。

「やりがい」を重要視している

実際に、Indeedの調査により求職条件として給与面での待遇を第一に考えているというトップパフォーマーの割合は、一般の求職者の2割ほどパーセンテージが低いという結果が報告されています。

その一方で、「やりがい」に比重を傾けているトップパフォーマーは9割にも及び、優秀な人材がいかに積極的に自ら選んで職場や環境を選んでいるかが分かります。

トップパフォーマーは、ヘッドハンティングされるよりも自分で道を切り開くことを好みます。

自らが活躍できる最良の場を探し出し、自分で応募した仕事を好んでいるのです。

Indeedを活用した検索エンジンマーケティングのおすすめ

トップパフォーマーが自ら定期的に求人情報を入手している現状がありますので、採用活動の主な市場となったインターネットでの求人情報、求人サイトは戦略的に活用していく必要があります。

20代・30代のスマホ所持率が9割を超えており、Indeed利用者の6割もスマホからの応募というデータが出ている今、採用企業側に第一に求められているのは企業サイトの最適化です。

自社への共感を高め求人情報に目を通してもらうためには、どの媒体から見ても分かりやすく、そして見やすいサイトページでなければなりません。

Indeedでは、企業ページに自社の採用ページを埋め込むことができますので、そこから経由して自社サイトへの閲覧も誘導することができます。

アクセスしてくれた候補者にとって魅力的に感じてもらえるよう、企業ブランディングすることが重要なのです。

ユニークな採用方法を導入することも方法

企業サイトは独自性を持ったものであることが望まれますし、他ではやっていないユニークな採用方法を導入することも一つの手です。

求める人材のビジョンをしっかりと思い描き、求人検索サイトとしての特徴を持つIndeedから、しっかりとターゲットに検索してもらえるよう検索ワードを設定し、優秀な人材の確保に努めなければなりません。

求職者の求職活動の動機や求める条件、求職手段といったことを分析・把握し、戦略的に採用活動を行っていく検索エンジンマーケティングの実施は、トップパフォーマーの獲得に大いに役立つことでしょう。

まとめ

トップパフォーマーと呼ばれる優秀な人材は、平均的な働きをする従業員の4倍の成果を上げると言われています。

また、現在の求職市場が完全な売り手市場であると言えるので、トップパフォーマーの獲得は採用企業にとって相当の激戦であると言えるでしょう。

トップパフォーマーは向上心が強く、スキルアップや自己の活躍の場を、より良くすることに努力を惜しまないため、定期的に求人情報を検索しています。

どんな媒体からでも問題なく閲覧できるよう企業サイトを最適化し、現在日本で最も高い利用者数を誇るIndeedを用いた検索エンジンマーケティングの実施は、トップパフォーマー獲得に向け大いに役立つことでしょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容