ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

採用ページをより良いものとしていくためには?

インディード運用における採用ページの育成法

インディード運用における採用ページの育成法

Indeedを上手に運用するためには、求職者がしっかりと見てくれて、働いてみたいと思うような採用ページを作成する必要があります。 そのためには、作成ページを作成して満足していては駄目です。 Indeedでは、採用ページを作成して初めてスタートラインに立つ事になりますので、Indeed運用における採用ページの育成法についてを説明します。

Indeedで採用ページをブラッシュアップ

Indeedを運用するのであれば、採用ページの育成は避けては通れない道です。

この理由は、求職者を獲得するために採用情報ページをさらに良い方向にブラッシュアップし、多くの求職者を呼び込む必要があるからです。

そのためには、定期的にブラッシュアップをする必要があります。

Indeedの採用ページを育成すれば、全体の採用数を底上げできるだけに留まらず、質の良い求職者の獲得も可能となります。

質の高いIndeed求人広告

Indeedでは、求職者の心を惹くような効果的な求人広告を記載する必要があります。

そのためには、求職者に人気のコンテンツを増やしていく事はとても有効な手段です。

ちなみに求職者が心を惹かれる内容は、求人者が希望の人材像を具体的にイメージした内容の求人広告となります。

例えば、企業の魅力や働く環境のイメージがしっかりしている内容であったり、先輩社員の声、内定者の声、社長のメッセージ、社内動画などは人気が高いです。

そのためには、これらの動向をしっかり分析する必要があります。

これを行えば、確実に応募者が増える切っ掛けとなるでしょう。

採用ページの分析

採用ページを作成してIndeedの運用を開始してみると、開始した当初は僅かではありますが求職者からの応募があるかと思います。

最悪の場合は運用を開始しても、全く応募が無いかもしれません。

しかしこれでは、Indeed運用をしている意味がありません。

この場合、様々な要因が考えられるのですが、まずは現在の採用ページをしっかりと分析して行く事が重要です。

そして分析をした結果から、採用ページの良いところはさらに伸ばし、悪いところは積極的にブラッシュアップしていくことが大切です。

そのためには、Indeedと連携して使用する事ができる、様々な分析ツールを積極的に使用する必要があります。

解析をするためにはそれなりの解析スキルが必要で、慣れるまで少し時間を要しますが、今後は必ず必要となるスキルです。

自分の会社の将来が掛かる重要な点となりますので、好き嫌いをせずに立ち向かう事が重要です。

Indeed運用で分析に使用できるツール

Indeedを効率的に使用するためには、現在の採用ページの状況を冷静に判断する必要があるでしょう。

そこでIndeedの解析に役立つツールとして、代表的なものとしてGoogleアナリティクスがあります。

Googleアナリティクスは、代表的な機能でどのページからのアクセスが多いのか、どれくらいサイトを見て離脱していくのか、どのページが一番見られているのかが分かるツールです。

そのため、求職者がどのタイミングで離脱して行くのかを、簡単に見極める事ができるのです。

そして、ここからしっかりと分析を行った結果、次に繋がるような採用ページを作成していけます。

Googleアナリティクスはコンバージョンの測定もできる

Indeed運用をする際に、一番気になるとされる項目はコンバージョンです。

コンバージョンは最終的な成果の事を指しますが、Indeedでは応募数がこれに該当します。
しかしこの情報を知るためには、Googleアナリティクスを使用する必要があります。

もちろん他のツールでもコンバージョンの解析はできるのですが、Googleアナリティクスはとても簡単に実施ができるのでおすすめです。

実施方法は、まずコンバージョン・トラッキング・コードを取得する必要があります。

そのためにはIndeed画面の求人広告掲載からアカウントを作成し、コンバージョン・トラッキングを選択する事で表示されます。

コードを埋め込む

このコードを手に入れる事ができましたら、Googleアナリティクスのアカウントを準備し、コンバージョン・トラッキング・コードの埋め込み処理を行うのです。

そしてコードを埋め込んだら目標設定を行い、応募完了までの導線を確認できるようになります。

注意点としてツールの導入をする際、正しい設定やコードの埋め込み忘れを発生させると、正確な数値を追う事ができなくなってしまいます。

これは、きちんとIndeed運用をする事ができないと言えますので、十分に気を付けたいところです。

Indeedの有料掲載

求人広告の分析がある程度完了したら、次は無料掲載枠から有料掲載枠に切り替えると良いでしょう。

これによって、さらにアクセス数が増える結果となります。

Indeedは、基本的には無料で使用する事ができるのですが、無料掲載枠と有料掲載枠の二つが存在するのです。

どちらも利用開始日からサイト上で掲載が可能となりますが、無料掲載枠は使用制限が適用されてしまいます。

そして有料掲載枠は、開始と終了がいつでも掲載者の判断で自由に行えるのです。

有料掲載枠は目立つ

また、有料掲載枠は無料掲載枠に比べると目立つ場所に表示されますので、求人者が目に着く確率が上がり、応募率が格段に上がるようになります。

この特性から運用当初は右も左も分からないので、無料掲載枠でも差し支えが無いのですが、Indeedをそれなりに理解しだすと無料枠では物足りなさを感じる事になるのです。

ソーシャルリクリーティング活用

Indeed運用を有効に活用する手段として、ソーシャルリクリーティング活用という方法があります。

ソーシャルリクリーティングは、FacebookやTwitterを始めとする、SNS、youtubeなど誰でも利用できるソーシャルメディアを使用して、就職活動や採用活動を行う事です。

求人側は、このソーシャルメディア上でIndeed情報を流したり会社情報を公開を行い、採用ページのアクセス数を急激に増やす事が可能となります。

しかし、このアクセス数を増やすにしても、しっかりとした採用ページとなっている必要があります。

まとめ

ブラッシュアップの内容は、最終的には求人側のセンスと確実な分析が重要です。

またIndeed運用では、しっかりと採用ページをブラッシュアップし、求職者の心を惹きつけるところにあります。

そのための手段として、Googleアナリティクスやその後のアクセスを増やす方法があるのです。

これらを活用し、アクセスアップを目指しましょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容