ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

原因の追及と対策を行って短期間で辞めてしまう人材を見極める!

定着率の高い人を採用するには

定着率の高い人を採用するには

Indeedは、世界中で活用されている求人サイトです。 日本でも、既に約1000万人ものユーザーが活用しています。 ユーザー数が多いことから、Indeedで求人広告を掲載した方が効率的なのではないか、という意見も出始めています。 企業によっては、既にIndeedを活用して人材を増やしているというところも多い中で、せっかく採用したのにすぐに人材が辞めてしまうという問題を抱えているところも、あるのではないでしょうか。 そこで、採用しても人材がすぐに辞めてしまう原因や対策について、考えていきましょう。

ユーザーがどんな仕事でも就ければ良いと考えている

Indeedでは、キーワードと勤務地を入力するだけで、求人広告を簡単に探すことができます。

この簡単なサービスがユーザーに受け、求人広告を空き時間にパッと見ることができます。

しかし、ユーザーの中には長期的に働きたいと考える人もいれば、繋ぎとして働ける場所がないか、と探している人も当然います。

このような人は、思っていた仕事とは少し違うと感じてしまうと、すぐに仕事を辞めてしまうこともあるのです。

イメージと違うことが早期退職の理由に

また、長期的に働きたいという人の中には、今の仕事よりも条件が良いところで働きたい、良いポジションがもらえる仕事で働きたい、と願う人もいるでしょう。

ですがこのような人に関しても、実際に働いてみたらイメージしていた企業ではなかったと感じることがあり、長期的に働いてもらうことが困難になることもありますので注意しましょう。

これらのことで悩んでいる企業は、どういった対策が必要になるのでしょうか?

求人広告を作成する際に仕事内容や職務を分かりやすくする

求人広告を作成するときは、どんな企業でも仕事内容や職務について記載することになります。

しかし、ただ単にどんな仕事をするのか、ということを簡潔に書いていることもあるでしょう。

これでは、その企業に対して、ユーザー目線での良いイメージを持って応募をしてくる人が増えることになります。

入社後のイメージを明確にする

実際に入社し、様々な業務をしなければならない状況になると、仕事をすることが苦痛に感じるようになり、メンタル的に気持ちが下がってしまうことも考えられます。

そのため「思っていた仕事ではなかった」、「良いイメージを持っていたが、実際は全然違った」ということに繋がり、すぐに辞めてしまう人が続出してしまいます。

仕事内容や職務について記入するときは、入社後どんな仕事をしてもらうのかを、できるだけ明確に書くようにしましょう。

例えば医療事務の仕事ですと、患者さんのカルテの管理や予約、会計や書類の作成、管理など、詳しく1つずつ掲載していく必要があるのではないか、と考えられます。

このように1つずつ順を追って説明していけば、思っていた仕事とは違うということがなくなり、長期的に働いてもらえる人材を得ることができるでしょう。

どんな人材を求めているか分かりやすくする

求人広告を制作するとき、自社がどんな企業なのかを記すことは少ないと思います。

しかし、自社がどんな企業なのかを記しておくことで、この企業で働きたいと思ってもらえるようになる可能性は上がります。

この段階で求職者が、求めているイメージと違うと感じたときは、その時点で応募をするか悩むため、入社後にイメージとは違った、というミスマッチが生まれにくくなります。

求めているターゲットを明確にする

また、自社ではどんな人材を求めているのかを、明確に分かりやすく書いておくことも大切です。

自社では機械系の仕事をするため技術面に優れている人、企画を生み出す仕事がメインのため知識や新しい企画を考えるチャレンジ精神がある人を求めている、などと付け加えておくと、どんな人材を求めているのか、どんな仕事をしなけらばならないのかを、求職者がイメージしやすくなります。

自社がどんな企業なのか、どんな人材を求めているかが明確に書かれていないと、応募のときに大勢の人が集まりますので、そこから振るいにかけることになります。

求人広告を作成する際に細かい項目も一緒に書いておくと、企業側が求めている人や、企業の特徴をよく理解した人に応募をしてもらうことができるでしょう。

そのため、入社後に思っていたよりイメージが悪かった、企業が求めている人材ではないと感じた、ということもなくなると思われます。

スキルや経験を詳しく記入しておけば優秀な人材を獲得できる

詳細を求人広告に付け加えておくだけでも大きな成果を得られるとは思いますが、仕事内容によってはスキルや経験が必要になることもありますので、これらについても詳しく記しておきましょう。

仕事に求めるスキルはもちろん、コミュニケーションを図り企業として大きく成長したいと考えているのであれば、スキルにはコミュニケーションが図れる人、という項目を加えても良いでしょう。

また、社会経験が豊富な人であれば、社会人としての在り方や考えをしっかりと持っていると思われますので、入社後すぐに仕事を辞めるという人は現れないでしょう。

求人広告を作成するときは、仕事に必要なスキルや経験値、自社で求めている人間性や熱意なども付け加えておくと良いかもしれません。

まとめ

Indeedでは、求人広告を踏まえて自社サイトの採用ページにリンクするというサービスで集客を見込める、ということがあります。

Indeedから自社サイトへと動線ができていますので、自社サイトの採用ページでこれらのことを掲載しておくのも良いでしょう。

これから応募しようと考えている人にとっては、仕事内容や職種、どんな企業なのか、企業が求めている人材、スキルや経験値などについて詳しく記しておくと、イメージとかけ離れてしまうことがなくなり、入社してもすぐに仕事を辞めてしまうということがなくなると思われます。

さらに求人情報を作成するときは、優秀な人材が集まるような工夫を施し、仕事に対してモチベーションが上がり求職者を惹きつけられるような求人広告にしていきましょう。

そうすることで入社後の定着率を高めることができるようになり、離職率が少なくなることから採用活動を頻繁に行わなくても済むようになる、と考えられます。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容