ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

外国人の採用を行うならインディードがおすすめ!

インディードは外国人の採用に強い

インディードは外国人の採用に強い

今や、Indeedを活用して優秀な人材を獲得したい、という企業はとても多くなっています。 しかし、技術職や経験でカバーできる仕事ばかりでなく、企業によっては語学が達者な人材を獲得したいと考えているところもあるのではないでしょうか。 最近では、日本で語学が達者な人を獲得するよりも、英語や中国語などをネイティブに話せる候補者を探した方が手っ取り早い、という意見もあります。 そんな人材を獲得したいときはIndeedがもっともおすすめです。

Indeedは66ヶ国で活用され28言語に対応している検索エンジン

検索エンジンで有名なところと言えば、やはりGoogleではないでしょうか。

しかし、それに匹敵する検索エンジンとして、「Indeed」が活用される時代となりました。

Indeedは、日本だけでなく66ヶ国で活用され、求人専用の検索エンジンとして28言語に対応しています。

世界でも注目される検索エンジンとなり、約1億8000万人の人が利用している検索エンジンです。

求人情報専門の検索エンジン

検索エンジンと言っても「求人情報専門の検索エンジン」ですので、新卒や中途採用、キャリアアップを目指している人、アルバイトやパートを探している人などが利用しています。

Indeedが日本でサービスを展開するようになったのは今から5年前になりますが、たったの5年で急成長を遂げ、海外では不動の地位を築いています。

Indeedの特徴としては外国人への認知が非常に高く、外国語を話せるバイリンガルの求人情報はすぐに応募がなくなってしまう、というのが現状です。

なお且つ、日本人でこういったスキルを持っている人を獲得したいとなると、さらに難易度が上がってしまうため、日本にいる外国語を話せる人を獲得した方が効率的だと考えられます。

日本にいる外国語を話せる人を獲得するメリット

日本にいる外国語を話せる人を獲得すると、世界で共通している英語を達者に使いこなせるということで、企業としても大きな存在になってくれるでしょう。

また一般的な企業だけでなく、外国人観光客も多いためサービス業としても英語や中国語がネイティブに話せる人を獲得しておくことは、とても良いことだと思います。

日本に旅行に来たが言葉が通じないことで、思ったようなサービスが提供できなかったと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

そのような場合は、世界の求人情報を一括管理しているIndeedで、外国人の雇用を進めていくのが良いのではないかと思います。

外国人を雇用するにあたり日本では獲得しずらい人材でも、すぐに優秀な人材が見つかるようになるため、人材不足を早急に解決できるようになると考えられます。

外国語を話せる人を獲得することでサービスの提供も広がる

日本では文化や歴史などによってサービスを提供していくため、外国人観光客に対し満足な接客ができないということも考えられます。

しかし、外国語を話せる外国人を獲得することで、日本の文化とは違ったサービスが提供できるようになり、サービスを行う幅も広がるのではないかと考えられます。

国によっては、こういったサービスも提供してほしい、こんなサービスがあるとうれしいということがあり、日本人には当たり前になっていることで思いもつかない、というケースも少なくありません。

サービスの幅が広がる

お店によっては少しでもお客さんを増やしたい、日本の文化をもっと知ってほしいと願っているところも、あるのではないでしょうか。

外国の方がよく訪れるお店は、新たな試みやサービスとして新しい観点から物事を判断できる人材を獲得することが大切なのではないか、と考えられます。

外国人であれば、客観的な観点から物事を判断できると思われ、なお且つ言語が達者で外国人観光客との話ができれば申し分ない人材だと思えるでしょう。

このような人材を獲得するためには、どんな部分に注意して求人情報を掲載したら良いのでしょうか?

外国人も獲得したい場合は求人情報を少なくとも2つ作成する

英語や中国語など色々な言語を話せる日本人を獲得したいときは、通常通りの求人情報を掲載するだけで良いですが、外国人を獲得したいという場合には、求人情報を少なくとも2つ用意する必要があります。

1つは日本人向けに作成する求人情報、もう一つは外国人向けに作成する求人情報です。

企業によっては、英語、中国語、ポルトガル語など、色々な言葉で話せた方が良いという人もいるため、このような企業が求める人材に向けて求人情報を作成する必要がある、と考えられます。

ですので、場合によっては求人情報を中国語に略したものを作成したり、ポルトガル語で略したものも作成しておいた方が良いでしょう。

しかし、採用担当者がこれらの言語を得意としていない場合は、求人情報を作成することが難しくなるのではないか、と考えられます。

翻訳サービスが付いていない

何故なら、Indeedには翻訳するサービスがついていないからです。

外国人向けの求人情報を作成したい場合は他のツールを利用したり、求人情報の作成を他の会社に依頼して作ってもらう、というのも良いかもしれません。

翻訳のプロに任せれば、企業が求めている人材に合う人を獲得できるようになりますので、求人情報を2つ作成するのが難しい場合は、他の会社にお願いすることも考えましょう。

まとめ

日本人で複数の言語を話せる人を探すということはとても難易度が高くなり、思ったような人材を獲得できないということも考えられます。

しかし、日本で働きたいという外国人や日本で生活をしたいと考えている外国人はとても多いため、こういった人たちをターゲットにすると、優秀な人材を獲得できるようになると思われます。

企業によってはサービスの向上、企画のプレゼン、コミュニケーションの向上を図りたい、と願う企業も多いと言えます。

サービスの向上に関しては、客観的な部分から物事を判断できる人材も必要と思われますので、日本人だけでなく外国人を獲得してみるというのも、良いのではないでしょうか。

ですが、日本人だけでなく外国人の人材の獲得も視野に入れて求人情報を掲載する場合は、日本語の求人情報だけでなく英語や中国語、ポルトガル語などで書いた求人情報を掲載する必要もある、ということを頭に入れておきましょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容