ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

採用ページを強化するには?

インディード運用における採用ページ強化の3ステップ

インディード運用における採用ページ強化の3ステップ

Indeedを活用すると、必ずと言って良いほど出てくるキーワードが採用ページです。 採用ページはIndeedを活用する際にとても重要なものとなっており、求職者をサイトに集客させるために必須となります。 そのため、Indeed運用における採用ページの強化方法を3つのフェーズに分けて説明していきます。

採用ページ

求人広告サイトの集客力はとても大きく、たくさんの人を集めることができます。

しかし、せっかく集客できた求職者も自分達の採用ページを見てくれなければコンバージョンに繋がらないので、全く意味が無いのです。

採用ページは決められたスペース、限られたテキストで企業が要求する人材を訴求する必要があるので、とても難しい面があります。

このでき映えによって、応募数や応募率が上がる可能性があるので、とても重要なものであることは火を見るより明らかです。

また採用ページの掲載期間も少なく済めば、企業の資産も圧迫することがなくなるので、できるだけインパクトのある採用ページにしたいものです。

採用ページの強化ステップ1

サイトを成長させるには、まず目的と目標値を設定する必要があると言われています。

そのため採用ページでの目的と目標値は、目的=採用、目標値=採用ページからの応募数XX人という設定が一般的です。

この目標を達成するために、必ず必要となる指標は2つあります。

それは、まず1つ目に採用ページの訪問者数を増やすこと、2つ目に採用ページ訪問者からの応募数を上げることです。

採用ページで訪問者数を増やす

採用ページでは、何をおいても訪問者数を増やさないことには、訪問者からの応募数を増やすことは不可能です。

これを実現するために、まずIndeed掲載に対応していない採用ページの見直しを行うことが先決です。

Indeed掲載フォーマットは、成功と失敗を繰り返した長年の経験から、集客できるように改良を重ねてできています。

そのためIndeedを活用するのであれば、できる限りIndeed掲載対応をした方が失敗が少なくなります。

Indeed掲載のメリットは、高い人材獲得が期待できること、採用コストが減少することに繋がりますので対応をすべきです。

採用ページで訪問者からの応募数を上げる

訪問者からの応募数を上げるには、それなりの専門的知識が必要となります。

これは実際に運用を開始した後に、採用ページがしっかりと機能しているかを見極める知識のことです。

そのためには現状を冷静に分析して、ここから改善を継続的に行う必要があるのです。

判断できる項目として、応募数、応募率、表示回数、クリック回数、応募方法が適正かどうかは必須です。

ひと言で応募数を上げるといっても、チェックすべき項目はたくさんありますので、何を改善すべきかの優先度付けをまずしないと、混乱するだけです。

また、様々な分析・解析ツールを使いこなせる知識や教育も必要となります。

採用ページの強化ステップ2

次に採用ページの運用です。

Indeedの運用、採用ページも代理店での運用をした方が良いです。

これは社内リソースが限られた中で運用をするのですから、リソースが回らないはずです。
社内では開発、戦略、イベント、面接、人材育成など様々なことを行わなくてはいけません。

さらにここにサイト知識を詰め込むとなると、物理的に不可能な状態になることは明らかです。

そのためIndeed運用、採用ページといった特殊な技能は、社外リソースであるその道のプロが行った方が確実性があります。

採用ページの成長

採用ページは、何をおいてもまず作成してみることが第一です。

そして作成した採用ページをリソースしてみて、もし機能しなかった場合は成長させれば良いのです。

これを何度も何度も繰り返すことで、応募数の多くなる採用ページに育っていきます。

実際に、採用ページのリニューアル時とIndeedの活用により応募単価が約5分の1まで削減した例があります。

採用ページの強化ステップ3

Indeedは求人情報だけを検索できる検索エンジンですので、何も策を講じないで運用をしても、訪問者数はたかが知れた数値です。

そのためIndeedを運用する際に、SNSなどその他のプロモーション展開をする方式を行うと、訪問者数が格段に変わります。

これはリスティング広告にするのか、SNS広告にするのか、採用系メディアの広告を利用するのかなど、とても悩ましいところです。

これを行うことで大手の求人サイトのように、Indeedから直接自社の求人ページへ誘導することも可能となります。

経路の見直し

自社サイトまでの経路は、通常ですと大手の検索エンジン→Indeed→各求人媒体→自社サイト閲覧となります。

しかし、大手の検索エンジン→Indeed→自社サイト閲覧となった場合はどうでしょう。

これまで自社サイトを見つけてもらうまでワンクッションおく必要があったものが、Indeedの活用により求人サイトと同じ土俵で競り合うことができるのです。

場合によっては大手求人サイトに頼らずに採用活動ができたり、大手求人サイトとの併用で訪問者数を増やすことができます。

このメリットは、低予算での採用活動が可能になることを示します。

これを実現するにはIndeedに自社サイトを掲載してもらう必要がありますが、これには掲載基準を満たす必要があります。

Indeed掲載基準

Indeedに掲載してもらえる基準は以下の5つです。

  • 1つ目に常時6つ以上の求人情報が掲載されていること
  • 2つ目に求人情報毎に個別のURLが設定されていること
  • 3つ目に1求人情報につき、1職種の構成になっていること
  • 4つ目に応募方法が明記されていること
  • 5つ目に業務内容が充実していること

上記の掲載基準を満たしていれば、Indeedに自社サイトを掲載することができ、訪問者数も格段に上げることができる可能性が広がります。

まとめ

Indeedを運用してから訪問者を上げるためには、様々な策を講じないといけないため、とても大変な作業となります。

そのために自社運用ではなく代理店運用をした方が、費用面やリスク面を考えた場合、得策であると考えられます。

紹介した採用ページの強化を参考に、応募率の向上をしてみてはいかがでしょうか。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容