ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

求人サイトとどれくらい違う?

インディードと求人サイトの費用を比較

インディードと求人サイトの費用を比較

無料で掲載できることでも話題になっているIndeedですが、費用が気になる担当者も多いのではないでしょうか? 採用活動を行う時は求人サイトを活用する企業も多いですが、採用コストを重要視しているところも多いです。 Indeedでは無料掲載だけでなく有料で掲載も可能であり、求人サイトよりもリーズナブルに採用活動ができると注目を浴びています。 今回は、Indeed(インディード)と求人サイトの費用を比較した内容についてお伝えします。

Indeed(インディード)とは?

最近耳にすることが多いIndeedですが、「Indeedってなに?」と思っている採用担当者も多いのではないでしょうか?

Indeedは求人を扱っていますが、求人サイトではなく求人検索型エンジンになります。

Indeed(インディード)は求人検索型エンジン

先ほどもお伝えした通り、Indeedは求人検索型エンジンになりますが、インターネット上のあらゆる求人情報を検索することができるものです。

検索エンジンと聞くとYahoo!やGoogleなどが頭に浮かびますが、IndeedはYahoo!やGoogleと同様の検索エンジンであり、その中でも求人情報に特化した検索エンジンになります。

求人サイトとは違ってあらゆる求人情報を検索することができるので、ユーザーにとってマッチする確率が高い求人を見つけやすいことも考えられます。

Indeed(インディード)の強み

求人サイトとは違うIndeedの強みとして以下の3点が挙げられます。

  • 圧倒的な求人件数
  • SEOに強い
  • ユーザーに合わせた検索結果の表示

Indeedの特徴として上記の3点が挙げられますが、Indeedはインターネット上にあるあらゆる求人情報をクローリングしているため圧倒的な求人数となっています。

また、求人数の多さとともに検索順位(SEO)にも強いと言われており、「求人」「募集」などのキーワードを検索するとIndeedのサイトが上位に表示されます。

そして、ユーザーが検索したキーワードにより近いものから表示されるため、ターゲットを採用しやすいことも挙げられます。

Indeed(インディード)と求人サイトの違い

Indeedと求人サイトは似たようなものと思っている企業も多いですが、それぞれのメリット・デメリットがあります。

ターゲットやニーズに合わせた使い分けなどが必要になります。

求人サイトとIndeedのメリット・デメリットを見ていきましょう。

求人サイトのメリット・デメリット

求人サイトのメリットとしては、専門サイトなどに掲載することでピンポイントのターゲットを狙うことができます。

また、人材紹介サイトの場合は成功報酬型になるので、応募者がいなかった場合はリスクがかかりません。

デメリットとしては、どのタイミングで求人情報を見てもらえるかわからないので即効性が得られないことや応募者がサイトに登録しなければならないので負担が大きいことが挙げられます。

Indeed(インディード)のメリット・デメリット

Indeedのメリットは、自社の採用ページをクローリングした場合直接応募ができるので求職者の負担が減ることや使いやすいことが挙げられます。

デメリットとしては、ユーザーの検索によって表示されるので、検索されないと表示されないことが考えられます。

また、専門性がある求人サイトと比べるとピンポイントで狙うことが難しいです。

このようなメリット・デメリットが挙げられますが、求人広告の費用を見ていきましょう。

Indeed(インディード)と求人広告の費用の比較

採用活動を行う方法として、新聞広告への掲載や求人サイト、求人情報誌などがありますが、どれも一般的に行われている採用手法です。

これらの採用手法の費用とIndeedの費用の比較を見ていきましょう。

新聞広告の掲載費用

最近では新聞を取る人が減ったこともありあまり選択されない手法ですが、新聞広告への掲載費用は枠のサイズによって変わります。

一番小さい枠であれば約2万円ほどであり、枠が大きくなればなるほど費用は高くなります。

一番大きい枠は紙面一面であり、約60万円ほどの料金となっています。

新聞広告は1回の掲載になるので、1回あたりの費用になります。

求人サイトの掲載費用

求人サイトの掲載費用は掲載する広告の大きさによって値段も変わってきますが、だいたい2〜80万円ほどととなっています。

求人サイトにもよりますが、一番大きい広告枠が上位に表示される仕組みになっているので、大きさも影響することがあります。

成功報酬型の場合は、採用時や応募時に料金が発生するものであり、約1万円〜となっています。

求人情報誌の掲載費用

コンビニや本屋などで置いてあるフリーペーパーなどが該当しますが、フリーペーパーも広告枠によって費用が異なります。

一番小さい枠で約2万円からであり、1ページとなると約40万円ほどになります。

掲載期間は1〜2週間であり、都心部の方が掲載料金が高くなる傾向にあります。

Indeed(インディード)の掲載費用

Indeedは有料掲載の場合に費用がかかりますが、クリック課金制度となっておりクリック回数に応じて料金が発生します。

また、Indeedでは予算を設定して予算内で掲載ができるので、予算で掲載費用を決めることができます。

例えば、Indeedへの掲載予算が10万円であった場合、費用は10万円となります。

予算に応じて掲載できる点もIndeedの強みでもあります。

まとめ

今回は、Indeed(インディード)と求人サイトの費用を比較した内容についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

Indeedは求人検索型エンジンであり、求人サイトとは違って予算を設定して採用活動を進めることができます。

Indeedにもメリット・デメリットがあるので、採用活動の目的やターゲットに合わせた採用手法の選択が必要になります。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容