ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

採用管理システムでより良い結果を!

インディードに採用管理システム(ATS)をコネクトして成果を生みだす

インディードに採用管理システム(ATS)をコネクトして成果を生みだす

Indeedは世界の60ヶ国に対応している求人情報専門の検索エンジンのことで、ユーザー数が多いことから大きな成果が得られると言われています。 しかし、普通に求人情報を掲載するだけでは思うような効果が出ないということも考えられますので、Indeedに採用管理システム(ATS)を接続して、より良い結果が生み出せるようにしていきましょう。

Indeedに採用管理システム(ATS)を接続すると成果がある

採用管理システム(ATS)にはjinjerやHITO-Manager、リクログなど色々なタイプの人に特化している採用管理システムがあります。

採用管理システム(ATS)という言葉は、パソコンに強い人であればすぐに意味を理解することができると思うのですが、機械系やパソコンに弱い人は採用管理システムと言われても、何のことか分からないことも多いのではないでしょうか。

そもそも管理採用システムとは、採用に関する業務を一元管理できるようにシステム化したものです。

最近では初期費用を抑えたものや、中途や新卒採用などに利用できる、様々なサービスが現れています。

この採用管理システムを利用することで業務を効率化できるようになり、企業が優秀な人材を獲得するために行わなければならないことを、すべて実施することができます。

優秀な人材を集めるためには、ただ単に候補者をリスト化し、面接や筆記試験を管理するだけでは無理なのです。

自社に合う優秀な人材を獲得したいのであれば、**候補者に対して自社の魅力を伝えたり、この会社に入社したいという気持ちを高められるようにする必要があるでしょう。

そのためには候補者とのコミュニケーションを図り、どのくらい自社で働きたいと思っているかや仕事に対する考え方などをタイプ分けして、その中から最も戦力となりそうな者を選ぶことが重要になります。

応募が増し、採用コストの削減につながる

採用に必要なデータを採用管理システムを利用して分析を行い、採用活動におけるムダを可視化したり、必要な部分にリソースをかけるようにすることも、採用活動には重要となります。

また、採用管理システムを一元管理できることから、履歴書の管理や候補者の選考状況の管理、候補者の条件別絞り込み、評価データの管理などもできます。

Indeedに接続をするとキーワードの検索結果をデータで検出することも可能なので、Indeedを通常で利用するよりも、ダブルの効果で質の高い候補者からの応募が高まると考えられます。

採用管理システムのメリット

さらに採用管理システムを利用する最大のメリットは、採用活動におけるコストの削減ができるというところです。

採用管理システムでは、応募から採用までの一連の過程を一元管理できるため、どんな求人情報を出したのかやどれだけ候補者が集まったか、選考の進行状態も確認ができます。

これらのことを採用管理システムで管理するようになると、人事の人数を減らせるようになり、コスト削減に繋がると考えられます。

Indeedに接続できる採用管理システムは?

採用管理システムはとても便利なツールなのですが、Indeedに接続できる管理システムには、どんなものがあるのでしょうか。

Indeedに接続が可能な管理システムは100件以上あります。

リクログやジョブサイトプラス、マッチングッドなどはIndeedと接続ができますので、このようなサービスを利用してみると良いでしょう。

リクログは改善実績600社以上で、安心できる採用管理システムです。

また募集形成から応募受付、面接や選考管理間瀬の採用業務の全工程を行うことができる、という特徴があります。

マッチングッドは、人材採用を超高速化させることが可能な採用管理システムだと言われています。

特徴は人材紹介と関連する機能により、人材エージェント一押しの人材が集まることも考えられます。

このように、採用管理システムでも特徴が全く違うので、自社の採用活動ではどんな特徴が必要なのかを判断しながら、採用管理システムのツールを選ぶことも重要になります。

採用管理システム(ATS)を接続する上で重視したい点とは?

採用管理システムをIndeedに接続して利用したい場合は、大量のデータを管理するときの速さ、求人編集ページの使い勝手、レイアウトの柔軟性、ユーザー目線の使い勝手を重視するということが重要になります。

採用管理システムの機能をカテゴリーに分け、どんなところにポイントを置いて見極めるべきかを考えることが、とても重要となります。

採用管理システムを上手く活用してIndeedと接続をすると、働きたい会社として上位にランクインされるようになり、クリック数が上がることから候補者も必然的に増えていくと考えられます。

候補者が増えるということは、その中に優秀な人材が含まれる可能性が高くなりますので、企業としてもIndeedのデータから調べたり、採用管理システムでデータを取ることで優秀な人材を獲得できるようになるのではないでしょうか。

まとめ

一般的にIndeedを利用して人材を獲得したいという企業はたくさんあるとは思うのですが、採用管理システムをIndeedに接続することで、より多くの候補者を集められるようになります。

小さい企業では、採用活動に人材をかけていられないというところもあると思いますので、Indeedを利用しようと考えているところは採用管理システムも利用して、人事のコスト削減も促せるようにした方が良いと思われます。

採用管理システムの本格的な利用は、まだ日本では浸透しきっておらず、利用を開始していない企業もあります。

採用に関して一元管理してくれる

しかし、採用に関してこれらの作業を一元管理してくれますので、企業としても大助かりなツールとなるでしょう。

普通にIndeedを利用して求人を募集しても候補者は集まるとは思うのですが、より効果を得たいという場合には、接続可能な採用管理システムを導入してみると良いと思います。

データの管理や応募から採用までの一元管理をし、求人情報の管理や候補者の管理、選考の進行状況管理などを行ってもらうと、企業としてはスムーズに採用活動を行えるのではないか、と考えられます。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容