ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

キャンペーンの作成でより良い運用を行おう!

インディードの運用改善術【キャンペーンの作成】

インディードの運用改善術【キャンペーンの作成】

Indeedの運用を行う際に、重要となるのがキャンペーンです。 このキャンペーンを如何に上手に作るかによって、運用管理が大変になったり楽になったりするのです。 そのため、Indeedの運用改善術としてキャンペーンの作成方法の説明をします。

Indeedのキャンペーン

キャンペーンは、広告グループの集まりで広告を管理するための単位となります。

特徴として、商品やサービスの種類ごとにキャンペーンを作成することができるので、アカウント内を整理することができます。

目的に合ったキャンペーンを作成できるように、各キャンペーンタイプについての確認を行い、設定方法をマスターする必要があるでしょう。

そしてIndeedのキャンペーンは、求人広告に特化したものでもあるため、求人に配信するためのグループ分けとなります。

このキャンペーンを上手に分けることによって、キャンペーン毎に様々なイベントを決定することができ、運用管理がしやすくなるのです。

例えば、キャンペーン毎に予算のかけ方を変えたい時や、一時配信を停止したい時などに使われます。

ちなみに広告を作成する場合、キャンペーンは少なくとも1つは作成する必要があります。

キャンペーンタイプ

広告を掲載するには、必ずキャンペーンを作成する必要がありますが、作成するキャンペーンタイプは広告掲載の目的に基づき選択する必要があります。

例えば有名検索サイトに広告を掲載して、自分のウェブサイトの集客率を増やすことを目的とするのであれば、検索ネットワークというキャンペーンを選択するのです。

このように、キャンペーンは広告の掲載先毎に様々なものが用意されており、自由に選択することができるのです。

ちなみにキャンペーンタイプによって、広告の掲載先が決まることも特徴です。

この掲載先は、広告のターゲットを設定することで、さらに目的とする求人を絞り込むことができます。

そのため、コンバージョン率が高くなる可能性が高くなるのです。

キャンペーンの色分け

Indeedのキャンペーンの分け方には様々な方法が考えられますが、代表的な分け方について紹介します。

キャンペーンは、職種別、地域別、雇用形態、注力案件というように、カテゴリーを分けるのが効果的です。

今後のキャンペーン毎のイベントに追従することができるため、できるだけグループが混在しないように分けることがコツとなります。

  • 職種別は「営業」と「事務」などで、それぞれキャンペーンを作成すると良いです。
  • 地域別は「東京」と「神奈川」などで、それぞれキャンペーンを作成すると良いです。
  • 雇用形態は「正社員」と「パート・アルバイト」などで、それぞれキャンペーンを作成すると良いです。
  • 注力案件は、募集している中で特に注力したい場所や、特別何かしたいものを集めたキャンペーンを作成すると良いです。
  • 無駄を省くは、この案件は応募がないのに、クリックだけ集まってしまうようなキャンペーンとなります。

無駄にお金を消費してしまっている求人だけ単価を下げたいとなった場合に、無駄クリックを集めている求人だけのキャンペーンを作成すると良いでしょう。

Indeedのキャンペーン設定方法

では実際に、Indeedのキャンペーンはどのように設定をするのでしょうか?

Indeedでキャンペーンを設定する場合、Indeedの管理画面の「広告キャンペーン」から「スポンサー求人キャンペーンを追加」をクリックすることで、キャンペーンが追加できます。

例えば、地域別の東京の求人を集めたキャンペーンを実施する場合は、画面のプルタブにて地域別の東京を選択するのです。

注意点としては、キーワードに「-exactcounty:JP」を必ず入れるようにします。

これは、今後クローリングで勤務地として日本案件が含まれてしまった際に、過剰課金となることを防ぐ目的となります。

設定は視覚的に進めることができますので、間違えにくくとても簡単に設定ができます。

予算設定

そして次に、予算設定を行います。

これは単価や予算を入力するものですが、クリックが集まって1日で予算を使い切らないように、日額予算は必ず設定するようにしましょう。

また、この時はクリック単価の設定もできますが、こればかりは正直実際に運用をしてみないと不明ですので、自動調整にすると良いです。

この自動調整は、設定された期間と予算内でクリック単価を自動的に最適化して、最大の効果が得られるように調整してくれる機能となります。

そのため詳細な微調整は、十分なデータが揃った後に設定した方が良いでしょう。

キャンペーンの設定

Indeedの運用をすると分かりますが、集客数、応募数、応募率は日々酷々と変化を繰り返します。

そのため、日々運用しながらキャンペーン設定をチューニングしていくキャンペーンをアクティブモードにしておけば、キャンペーン単位で有料掲載が開始できます。

そして、掲載が始まってから日々の表示回数、消費金額などを分析して、クリック単価や予算を調整していくのです。

またキャンペーンの作り方次第で、運用管理のしやすさが変化しますので、管理が大変な場合はキャンペーン項目を一度見直した方が良いでしょう。

効果改善

キャンペーン作成を行っても集客できない、コストが削減できない場合は、効果改善の運用を行っていないからだと思われます。

これは一度のキャンペーン作成で効果が現れることは本当に稀なことですので、繰り返し改善効果を行うようにしましょう。

重要なのは、キャンペーン設定をチューニングしていくことにあるのです。

そして効果を蓄積し、軌道修正の改善を回すことで、初めてIndeedは最大の価値を発揮します。

蓄積したノウハウから最強の求人原稿を作成することができれば、求人の集客に加えて必然的にクリック単価も下がり、コストの削減にも繋がります。

まとめ

しっかりとキャンペーン設定を行うことで、Indeed運用がとても楽になる可能性があります。

しかし、これも運用をしてみないと、どのようになるのか分からないというのも事実です。

Indeedの運用改善術としてキャンペーンの作成方法を説明しましたが、参考にしてください。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容