ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

事前分析で運用をスムーズに!

インディードの運用前に準備するべきこと

インディードの運用前に準備するべきこと

Indeedを運用するためには、様々なことをする必要があります。 その中には、様々な分析ツールをIndeedと連携させて、解析を行う準備を行う作業も含みます。 この解析ツールは、Indeedを最大限に活用するためには必要不可欠のものです。 そのため、Indeedの運用前に準備すべきツールの使用方法について纏めましたので参考にしてください。

Indeed運用に必要なツール

Indeedを効果的に活用するための前準備として、Indeed運用に必要なツールを紹介します。

分析ツールはIndeed管理画面、Googleアナリティクス、コンバージョントラッキングコードを使用します。

それぞれ目的や用途が異なり、これを全て習得するにはとても大変な作業が必要です。

しかしIndeedを最大限に活用するために、覚えて置いて損はありませんので是非活用してほしいです。

コンバージョンを測定する分析ツール

コンバージョンを測定する分析ツールとして、Indeed管理画面とGoogleアナリティクスがあります。

これはIndeedの管理画面で分析するには、欠かすことのできないものです。

手順は2つあり、Indeedの管理画面の応募数対応と、Googleアナリティクスでの分析対応です。

前者の手順は、Indeedでアカウントを作成→コンバージョン・トラッキング・コードの埋め込みとなります。

後者の手順は、Googleアナリティクスのアカウントの作成→トラッキングコードの埋め込み→目標設定となります。

Indeedの管理画面の応募数対応

まずIndeedでアカウントを作成すると、表示回数やクリック数といったデータ項目が確認できるようになります。

そしてその中に応募数という項目がありますので、これを測定するために、コンバージョン・トラッキング・コードを、採用ページに埋め込む必要があるのです。

このコードは、Indeedの管理画面の求人広告掲載→アカウント→コンバージョン・トラッキングを選択することで表示することができます。

そしてこのコードを応募完了ページ(thanksページなど)の、ページの最初のタグの直後に埋め込むことで、Indeedの管理画面で応募数を確認できるようになります。

Googleアナリティクスで分析対応

次に、Googleアナリティクスで分析する準備となります。

Googleアナリティクスのアカウントの準備ができたら、Indeedと同様にトラッキングコードの埋め込みを行います。

埋め込む場所は2箇所で、応募完了ページと採用ページのTOPとなります。

これを埋め込むことができましたら、最後に目標設定を行います。

この目標を設定を行うことで、応募完了までの導線を確認できるようになります。

基本的には、目標の到達ページに「応募完了ページ」のURLを設定します。

Googleアナリティクスの目標設定

Indeed運用では、Googleアナリティクスを参照していますが、目標設定をしていない人は結構多いようです。

しかしこの目標設定は、サイトの目的に沿った様々な目標設定ができるため、結構役に立つことが大きいのです。

例えばURLへのアクセスに関しては、特定のURLへアクセスすれば目標達成とすることができます。

これは、商品購入完了ページやお問い合わせ完了ページといった個別のサイトに到達したら目標達成、とするものです。

他にもサイトの訪問の滞在時間で、一定の滞在時間を超えたら目標達成とすることも可能です。

では、なぜこの目標設定が大切かというと、その目標を達成したユーザー、達成しなかったユーザーを知ることができる点にあります。

これを知ることで、ユーザーがどのように訪問経路を辿ってきたのか、どんなキーワードで訪問したか、どういうページを見ているかなどが分かるのです。

そして、そこから施策と改善を繰り返し、サイトの目的に近づけることができます。

Googleアナリティクスの目標設定方法

この例題では目標設定を、「お問い合わせ完了ページ」にアクセスされたら目標設定完了とします。

まず手順としては、アナリティクス設定>ビューの「目標」→「新しい目標」→名前をつけます>「到達ページ」にチェック>「続行」をクリックします。

ここで「テンプレート」と出てきた場合は、プロパティで業種が設定されているため、その業種に合わせた目標設定の候補を表示します。

そして「等しい」>ドメイン以下のURLを入力>「保存」をクリックです。

これで「お問い合わせ完了ページ」にアクセスした訪問者を目標として設定することができます。

その他の目標設定

他にも、今後の解析に役立ちそうな目標設定項目があります。

例えば目標設定プロセスの設定は、お問い合わせ完了までに通過して欲しいページを目標到達プロセスに設定しておくことができます。

これは、どこで離脱しているかを知ることができますので、離脱率が高いようであればフォームの仕様を変更する必要があります。

滞在時間の目標設定は、目標タイプの「時間」を選択して滞在時間を入力します。

これは、どれだけそのページを参照していたか(滞在していた)が分かりますので、もし長く滞在している場合は何らかの要因がありますので、ページを見直す必要があります。

セッションあたりのページビュー数の目標設定は、目標タイプの「訪問別ページビュー/スクリーンビュー」を選択して、訪問別ページビュー数を入力します。

これは、セッションをどれだけ参照したかを監視することが可能です。

イベント目標設定は、ダウンロードや外部リンクのクリック数などを計測することができるイベントトラッキングです。

このように、後に解析に役立つ多くの目標が設定できますので、是非試してみてください。

まとめ

ツール導入時の注意点としてよくありがちなミスは、トラッキングコードの埋め込み忘れや違う場所に埋め込んでしまうことです。

これを忘れていると、正確に測定できなくなってしまいますので、充分な注意が必要です。

分析ツールの導入について紹介しましたが、Indeed運用を行う際は解析に必要なものとなりますので、是非活用をしてもらいたいと思います。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容