ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

広告が表示されていない理由とは?

インディードに求人広告が表示されていない時にするべきこと

インディードに求人広告が表示されていない時にするべきこと

最近では、求人サイトや転職サイトよりもIndeedの方が良い成果を得られるようになり、企業が利用するケースが増えてきました。 Indeedには有料枠と無料枠があり、どちらからでも求人掲載ができるようになっています。 しかし、今までは普通にIndeed上に自社の求人掲載が載っていたにもかかわらず、求人を新しくしたら急に求人広告が表示されなくなってしまった、という企業もあります。 自社の求人情報が表示されていない理由には、いったい何が考えられるのでしょうか?

ガイドラインの抵触があると求人掲載がされない

ガイドラインには給与が発生する求人のみを掲載しなければならない、不備な求人を載せてはならない、という条件があります。

この条件があることで、就職フェアの案内やフランチャイズなどの販売営業権、研修の案内やマルチ商法などの求人は掲載することができません。

そのため自社サイトのホームページに、このような内容の求人情報が記載されていた場合には、たとえ有料枠であったとしても、Indeedの判断で掲載をされないケースがあります。

ですので、求人情報の表示がされない企業は、自社でホームページに載せている求人情報を確認したり、直接投稿した情報を見直す必要があると言えるでしょう。

ガイドラインに反していない場合には、次のようなことで表示されないことが考えられます。

クレジットカードの確認が取れないと表示されない

有料枠を利用してIndeedに求人情報の掲載をしている企業は、クレジットカードの確認についても視野に入れなければなりません。

もともと、Indeedの有料枠はクレジットカードでしか支払いができませんので、登録をしたクレジットカードの確認が完璧に行われないと、利用することはできません。

クレジットカードの確認が取れないことが原因となり、自社の求人情報が表示されないということも十分に考えられます。

Indeedに求人情報が表示されていないときは、設定したクレジットカードの情報を確認してみましょう。

クレジットカード情報を確認するためには、ログインをしてからカード情報をアップロードする必要があります。

求人情報のステータスが停止、募集終了ではないか

ガイドラインに沿って求人情報を掲載している、クレジットカードの確認も取れているのであれば、基本的に問題はありません。

それでも求人情報が表示されないときは、ステータスが停止しているか、募集が終了になっていることも考えられます。

応募数がまだ十分に集まっていない、また採用が決定していないので求人情報を載せておきたい、と考えている企業もあるでしょう。

求人画面から確認する

その場合は求人広告からログインをして、求人情報の職種名の下に表示されている「求人を編集する」をクリックし、画面の下の方にあるステータスのドロップダウンメニューから、求人情報の掲載が休止中や募集終了になっていないかを確認しましょう。

ステータスが休止中や募集終了になっている場合は、募集中に変更するために「求人を保存」をクリックして反映させましょう。

「求人を保存」をクリックしないと、休止中や募集終了のままとなります。

一向に、自社の求人情報が表示されなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

選択を変更したときは、必ず「求人を保存」をクリックし忘れないようにしてください。

アカウントが審査されていると求人情報が表示されない

求人情報のステータスが募集中になっていて正しい選択をしている場合には、アカウント自体が審査されていることが考えられます。

これは審査中と言い、検索クオリティーチームによりアカウントが審査される状態にあるのです。

アカウント審査の対処方法は、実際にアカウントの担当者に問い合わせを行い、確認を取る以外に方法はありません。

メールアドレスの認証が行われていない可能性も!?

アカウントを作成する段階でメールアドレスが正しく入力されていない、正しく入力できていたとしてもメールアドレスの認証作業が行われていないことも、求人情報が表示されないこととして考えられます。

Indeedでは、アカウントを作成してもそれで完了ではなく、Indeedから送られてきたメールを開いてメールアドレスの認証を行わなければなりません。

この手順を踏まないと、アカウントが正しく作成されていないと判断され、自社の求人情報の表示が行われないこともありますので確認をしましょう。

求人情報の文面が間違っている場合は審査が通らない

ガイドラインやクレジットカード、ステータスやアカウント、メールアドレスの認証などに問題がなかったとき、他に考えられるのは、求人情報の文面が間違っている可能性です。

文面が間違っていると審査に引っかかることもあり、求人が表示されなくなるケースもあります。

せっかく文面を作ったとしても、審査が通らなければ求人情報を表示させることができませんので、文面を確認してみる必要もあるのではないか、と考えられます。

まとめ

自社の求人情報が表示されない場合には、上記のことが原因で表示されないことが考えられます。

1つずつ、順を追って問題を解決していき、どこに原因があるのかを正しく把握することが重要になります。

問題を解決できるようになれば、今後についても注意できるようになるでしょう。

Indeedはこれらの問題が発生することがあり、求人情報を載せてもらうのが面倒だと感じてしまうことがあるとは思います。

表示問題の解決が大切

しかし、無料で求人掲載ができると企業にとっても助けとなり、有料を使用すればたくさんの応募も期待が持てるでしょう。

求人情報が一方的に表示されなくなる、という部分はデメリットに思うかもしれませんが、それ以上に得られるメリットがたくさんあります。

ユーザー数や便利さ、コスト削減など、他にも様々なメリットがありますので、表示されない問題を解決させ、引き続きIndeedに求人情報を表示してもらえるようにしましょう。

求人表示が上手くできるようになれば、自社の求人に応募する人が増えていき、優秀な人材を獲得できる可能性も広がるのではないか、と考えられます。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容