ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

結局採用手法はどれが良い?

採用担当者が知っておきたい採用手法と比較について

採用担当者が知っておきたい採用手法と比較について

採用が難しいと感じている企業は多いですが、採用手法は変化しており求職者に合わせた採用活動を行うことが求められています。 採用担当者の中には、「様々な採用手法を試したけど結局どれが良いのか分からない」と悩んでいる人もいるかもしれません。 採用を成功させるためには、目的に合わせた採用手法を行うことが大切になります。 今回は、採用担当者が知っておきたい採用手法と比較についてお伝えします。

採用手法は変化している

採用活動を行っている企業の中には、とりあえず求人広告を出しているというところもあるのではないでしょうか?

紙媒体のフリーペーパーからweb媒体、人材紹介サービスなど採用手法は時代とともに変わっています。

時代に合わせた採用手法を取り入れて実践することが、採用を成功させるためのポイントになります。

現在行われている採用手法について見ていきましょう。

受け身から攻めの姿勢へ

少し前であれば、就職難により就活氷河期などと呼ばれ、求人より求職者が多く企業側が応募者を選ぶというのが一般的でした。

しかし、現在は求人数より求職者が多く、求職者が企業を選ぶ時代になっているため、受け身から攻めの姿勢で取り組むことが求められています。

求職者は就職先を選び放題であるため、企業が受け身では逃げられてしまい採用できないという事態に陥ってしまいます。

応募を待つからオファーへ

今までの採用手法であれば、求人広告を掲載し応募者を待つというスタイルが主流とされていました。

先ほども述べたように、求職者が企業を選ぶ時代であり、応募を待っているだけでは採用できません。

そのため、応募を待つのではなく企業が自ら欲しい人材にオファーをする採用手法が主流となってきています。

特にベンチャー企業では、社長が自らオファーをして優秀な人材の確保に取り組む動きが見られます。

なぜ採用手法が変わってきているのか?

採用手法は時代に合わせて変化が見られますが、なぜ採用手法が変わってきているのでしょうか?

採用市場の変化と背景

今の採用市場は先ほども述べたとおり、求職者の売り手市場になっています。

求職者より求人数が多くなっている背景には、少子高齢化の影響が挙げられます。

少子高齢化により労働人口の減少が見られ、採用が難しくなっていることが考えられますが、少子高齢化の流れは加速しておりこのまま人口が減少し、さらに採用が難しくなることが予測されています。

採用難の現状

少子高齢化の影響とともに、求職者が企業を選ぶ時代になったことと情報社会も採用難の原因として挙げられます。

最近ではブラック企業などのキーワードに敏感になっている企業も多く、ブラック企業の実態をネットで書き込まれて噂を立てられるなどにより応募が減っていることも考えられます。

誰もが発信できるネット社会では、一度広がった悪評は収めることが難しく企業のイメージにも影響することにより採用が難しくなっています。

主な採用手法と比較

採用活動で行われる主な採用手法とそれぞれの特徴を比較していきます。

求人広告

求人広告は、大手の企業が運営する求人サイトに広告を掲載して応募者を募るというものです。

採用手法としてはスタンダードな方法であり、質の高いターゲットの獲得が期待できるメリットがあります。

デメリットとしては、掲載料金がかかり、職種によって費用対効果が得られないこともあります。

ダイレクト・リクルーティング

ダイレクト・リクルーティングとは、企業が自ら求めるターゲットを見つけだして直接アプローチを行う採用手法のことです。

求人広告などのように応募者からターゲットに直接アプローチができるので、効率的に採用活動を進められることがメリットです。

ターゲットを見つけ出す手間がかかるため、すぐに人が欲しいときなどには不向きの採用手法です。

人材紹介

人材紹介サービスは、人材紹介会社から条件にあった人を紹介してもらえるものです。

公募よりターゲットに近い人に出会える確率は上がるため、ターゲットを探す手間が省けます。

紹介会社から採用した場合、報酬が年収の1/3ほどになるためコストがかかるだけでなく、紹介がこないということもあるため急ぎの募集には不向きです。

人材派遣

人材派遣の中には、紹介予定派遣があり、派遣で一定期間働いたのちにお互いが合意すれば社員として採用できるものです。

職場の雰囲気をお互いに知ることができ、納得した上で採用できるのでお互いにメリットがあります。

派遣を利用している間や採用が決まった場合にもコストがかかり、お互いが合意しなければ採用できないためハードルが高い採用手法でもあります。

ハローワーク

ハローワークは職業安定所に求人票を掲載することができ、無料で利用が可能です。

無料で掲載でき、採用の際もコストがかからないので利用している企業も多いです。

応募者の中には求職活動のためだけに面接を受ける人も多く、志望動機が低く意欲的ではない人が応募してくることも多いです。

転職フェア(合同説明会)

転職フェアは、企業や商工会などが開催するものであり、参加者と直接触れ合うことができます。

参加者と直接話ができるため、ターゲットがいれば口説くことも可能であり効率的な採用手法です。

しかし、参加者の多くは企業理解に乏しく、志望動機が低い人も多く見られるため採用に直接繋がらないこともあります。

リファラルリクルーティング

リファラルリクルーティングとは縁故のことであり、自社の社員の知り合いを紹介してもらう手法です。

信頼度が高い人材を採用できるメリットがありますが、急な募集などには不向きな採用手法です。

ソーシャル・リクルーティング

ソーシャル・リクルーティングとは、SNSを利用した採用手法ですが、取り組んでいる企業も増えています。

企業側もターゲットを絞って採用活動ができるためミスマッチが少ないことがメリットとして挙げられます。

SNSでは常に新しい情報を発信し続ける必要があるため、継続的なフォローが必要になるため急ぎの採用の際には不向きです。

自社の採用ページ

自社のホームページを持っている企業も多く、ホームページ内に採用ページを設けている企業も少なくありません。

自社の採用ページを活用することで掲載コストがかからず、ターゲットを狙いやすいメリットがありますが、自社のホームページへの導線がなければ効果が得られないデメリットがあります。

新しい採用手法である「Indeed」とは?

最近では耳にする機会も多くなった「Indeed」ですが、Indeedは求人サイトではなく求人検索型エンジンになります。

Indeedを活用するメリット

Indeedを活用することで、ダイレクト・リクルーティングが実践できるだけでなく自社の採用ページを活用して採用活動ができることがメリットです。

また、Indeedの掲載には無料枠と有料枠の2種類があるため、目的に合わせて使い分けることもできます。

Indeedを導入する企業は増えている

Indeedを活用することで、今までの採用手法とは違った新しい採用手法に取り組むことができるため、Indeedを導入する企業は増えています。

導入する企業が増えているだけでなく、知名度の向上によりユーザーも右肩上がりになっています。

まとめ

今回は、採用担当者が知っておきたい採用手法と比較についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

採用手法は時代とともに変化しており、求職者に合わせた採用手法を行なっていくことが採用成功に繋がります

Indeedを活用することで、ダイレクト・リクルーティングなどの新しい採用手法を実践できるので、導入する企業も増えています。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容