ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

求人掲載には条件が!?

インディードに求人を掲載するための条件とは

インディードに求人を掲載するための条件とは

皆さんは、Indeedについてご存知でしょうか? Indeedは求人を専門に扱っている検索エンジンとして、若い世代を中心に幅広く活用されています。 そんなIndeedは、企業や会社の求人を載せることができるサイトです。 しかし利用の仕方を間違えてしまうと、Indeedに求人を掲載できなくなりますので注意しましょう。

条件①自社サイトに求人情報を表示するページがある

Indeedに求人を掲載するためには、大前提として自社サイトの求人情報を表示するページを作成しなければなりません。

企業によっては、ホームページを用意しているところも多いと思われます。

ホームページがない企業の場合は、簡単なホームページでも良いので、業者に頼んだり自分で勉強して作成することから始めましょう。

ホームページを用意できた、もともとホームページがあるという企業は、求人情報を表示する採用ページを用意してください。

そのページに企業名や職種、仕事内容や待遇などを入力して、求人情報を掲載しておくことが必要となります。

条件②アカウントを登録する

自社サイトのホームページに求人情報を掲載することができたら、次に行わなければならないのはアカウントを登録する作業です。

アカウントの登録はとても簡単で、企業のパソコンのメールアドレスと、パスワードを入力するだけで完了します。

アカウント登録を行うときは、必ずIndeedから送られてくるメールから、最終的な確認を行うようにしましょう。

アカウント登録をしても、Indeedから送られてきた確認のメールに沿って登録を行わないと、アカウントを作成することができないということを覚えておきましょう。

条件③自社の求人情報をクローリングさせる

アカウントの作成が完了したら、Indeedに自社サイトのホームページに載せた求人情報をクローリングしてもらいましょう。

Indeedでは、アカウントを作成するとインターネット上にあるすべての求人の情報を集めてくれる、クローリングというシステムがあります。

このクローリングのシステムを利用すると、わざわざIndeedに求人情報を掲載しなくても、クローリングによって勝手に求人情報がIndeedにアップされるようになります。

企業では作業として何も行う必要がなく、Indeedのクローリングのシステムによって求人情報が載るようになります。

条件を守ることが必要

しかし、Indeedに求人情報をクローリングさせるには、必ず自社サイトのホームページに求人情報を表示するページがあること、アカウントを作成しなければならないこと、という条件があります。

これをきちんと守り、無料でIndeedに求人情報を載せてもらえるようにしましょう。

Indeedでは、このような条件を満たせば求人情報を掲載してもらうことができるのですが、これらの他にも守らなければならないことがあります。

条件④求人ガイドラインを守る

Indeedを利用するためには、求人ガイドラインを守って利用をしなければなりません。

求人ガイドラインは、企業の担当者により直接求人サイトに投稿できること、給与が発生する新しい求人だけを掲載すること、などが挙げられています。

Indeedには、給与が発生しないボランティア的なものは掲載をすることができず、募集が終わっている求人情報に関しても載せることはできません。

また企業名や勤務地、職種や仕事内容を含む求人に関する情報を正確に掲載すること、求人情報を掲載した後は、ユーザーが登録やログインをしなくても閲覧できるようにする必要があります。

ユーザーのIndeed利用は無料

さらに、求人情報から応募をしてもらうときは無料にしなければならないこと、求人情報はできるだけシンプルにして必須事項のみ記入をするようにすること、求人情報は直接求人サイト上で行われるので、ユーザーが他のウェブサイトに移動する必要がないようにしなければなりません。

Indeedの利用は基本的に無料ですので、ユーザーがお金を払うようなシステムにすることは許されません。

またIndeedに面倒な手間はなく、ウェブサイトを行ったり来たりする必要がありませんので、人気になっています。

他のウェブサイトに移動しなければならないと、ユーザーが面倒だと感じてしまいますので、このようなことは行わないようにしましょう。

Indeedに求人情報を掲載したいと考えている企業は、求人ガイドラインをしっかり守った上でIndeedを利用しましょう。

条件⑤サイト向けガイドラインを守る

Indeedを利用するには、求人ガイドラインだけでなくサイト向けガイドラインも守らなければなりません。

サイト向けガイドラインには、ユーザーが応募してきたプライバシーや個人情報を保護しなければならないこと、求人検索または応募に関連する目的以外で使用しないことを約束しなければなりません。

無料掲載を提示するサイトやクローリングのサイト、または他のサイトから求人の再掲載は含まないこと、自社サイトには所在地を明記した問い合わせのページがあること、過剰だったり虚偽の広告をしないようにすることなどを守らなければなりません。

他にも、広告はシンプルなものでユーザーの閲覧に邪魔にならないようにすることも必要です。

まとめ

Indeedを利用するためには、いくつもの条件をすべてクリアさせなければなりません。

これらの条件を満たすことができない企業には、求人掲載をすることができなくなることも十分に考えられます。

Indeedの採用企業サポートでは、求人情報が架空だったり不備のある場合、不必要な情報を要求されるという求人に対し、ユーザーを保護します。

求人ガイドラインやサイト向けガイドラインが守れていない企業に対して、Indeedの単独な判断で求人サイトを削除する権利がある、と記載されています。

また、ユーザーからの苦情が多い迷惑な求人情報を、サイトから削除する権利もIndeedは持っていますので、これらの求人情報の掲載はしないように注意しましょう。

Indeedを利用するときは求人情報を掲載する条件を守り、正しく利用して企業としての成果を上げられるようにしましょう。

インディード活用相談

インディードのプロが、御社のインディード活用を無料アドバイス。 ご相談内容を記載の上、フォームを送信してください。




会社名

部署・店舗名(任意)

ご担当者名

メールアドレス

相談内容